« 大阪神戸食倒れ 2 神戸でお肉 | トップページ | 大阪神戸食倒れ 4 メリケン波止場 »

2018年5月29日 (火)

大阪神戸食倒れ 3 食後のお散歩

ホテルまで、歩いて戻ることにしました。

180529_601  180529_602  180529_603
大丸神戸店がライトアップされています。
元は村野藤吾さんが設計した建物でしたが、阪神・淡路大震災により本館部分が損壊してしまい、建て替えられました。

180529_604  180529_605  180529_606
村野さんの大丸とは異なり、いまの大丸はクラシカルな雰囲気を出しています。
「居留地」のイメージに合わせたのでしょうか。
建物の周囲にあるコリドーが特徴でしょう。

180529_607  180529_611
そして、大丸のシンボルの孔雀のプレートが付いています。
大丸の南側の建物は旧居留地38番館、シティバンク神戸支店としてW.M.ヴォーリズ設計で1929年に建てられ、一時期大丸の倉庫として使われていましたが、現在は大丸の店舗となっています。

180529_612  180529_613
海岸ビルは、1918年築の旧三井物産神戸支店で、阪神・淡路大震災で全壊とされましたが、外壁は新しきたてられたビルの外壁に利用されました。

180529_614  180529_615
商船三井ビルディングは1922年の築で、カーブを描いた南西角や、さまざまな外壁の装飾が時代を物語っています。

180529_616
1918年築の神戸郵船ビル、ドームがありましたが神戸大空襲で焼失してしまったそうです。

大通りだけにではなく裏通りにも古い建物が残っていますが、老朽化で取り壊されてしまった建物も多いようです。
大きな企業の建物であれば保全の工夫ができるのでしょうが、時代が減るにつれてだんだんに減っていってしまうのでしょう。
今のうちに見ておくべきなのかもしれません。

|

« 大阪神戸食倒れ 2 神戸でお肉 | トップページ | 大阪神戸食倒れ 4 メリケン波止場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪神戸食倒れ 3 食後のお散歩:

« 大阪神戸食倒れ 2 神戸でお肉 | トップページ | 大阪神戸食倒れ 4 メリケン波止場 »