« 秘密の花園 / The Secret Garden | トップページ | さあ、見張りを立てよ »

2018年4月28日 (土)

あしかがフラワーパーク

いまが旬真っ盛りな、あしかがフラワーパークに行ってまいりました。

180428_101
きょうはバス旅、7時半に町田を出発、菖蒲PA到着は2時間後でした。
相模原愛川ICから圏央道に入る予定でしたが、圏央道混雑により町田街道~16号を走ってあきるのICから圏央道へ。
圏央道から東北道に入るにも混雑、出発して4時間弱かかってのあしかがフラワーパーク到着でした。

180428_201  180428_202
4月に開業したばかりのあしかがフラワーパーク駅も、たいそうな混雑でした。

180428_211  180428_212
あしかがフラワーパーク正面駐車場には、バスがたくさん入っていました。

180428_221  180428_222
きばな藤を抜けると、大藤です。

180428_223  180428_224
ぶんぶんは音がするのでよく見たら、クロマルハナバチでした。

180428_225  180428_226
大藤は樹齢150年を超え、600畳に広がっています。

180428_227
付近には様々な色のツツジも咲いています。

180428_231  180428_232
きょうのお弁当です。
このような内容のお弁当で、予想していたより豪華な内容でした。

180428_241  180428_242
モネの池に架かるうす紅橋。
うす紅橋の夜の様子は、このような感じになるようです。

180428_243  180428_244
うす紅橋から池の向こうに八重藤が見えています。

180428_245  180428_246
まだまだわずかですが、バラも咲き始めています。

180428_247  180428_248
きばな藤のトンネルを歩きます。

180428_249  180428_250
バラの季節が楽しみです。
これだけ近いと、藤の香りも漂ってきます。

180428_251  180428_252
この池の花は何ででしょうね。
花壇の花々と白藤。

180428_253  180428_254
大長藤です。
最長で180cmの花房になるそうですが、まだそこまでにはなっていませんでした。

180428_255  180428_256
ここは、白藤の滝。
縦になっている藤は初めて見ました。
ブリュッセル公園と王宮広場との間の、碁盤目状編み込まれている菩提樹を思い出しました。

180428_257  180428_258
白藤の滝を歩くと、ツツジも咲いています。

180428_259
クレマチスも、あちこちで開いています。

180428_260  180428_261
ここは・・・・・?
と思ったら、むらさき藤のスクリーンのはずでしたが、終わってしまったみたい。

180428_262  180428_263
白藤のトンネルは、今が見頃のようです。

180428_264  180428_265
トンネルの全長は、80m。

180428_266  180428_267
ローズガーデンの一角では、予行演習をしているようでした。
ツツジと白藤のコントラストも綺麗です。

あしかがフラワーパーク

帰りにはいちごの里湯本農場に立ち寄りました。

180428_301  180428_302
いちごの里湯本農場でスカイベリーが食べ放題ですが、10個も食べると、もういいや。

180428_303  180428_311
花からイチゴになるには、ミツバチさんたちの受粉が欠かせません。

180428_312  180428_321
この箱の中には蜂蜜がたくさんあるのでしょうか。
そして、仮面ライダーなトラクターが置かれていました。

180428_331  180428_332
農園の一角にロバがいましたが、パン屋ではなさそうでした。

180428_341  180428_342
そんなことを考えていると、やぎさんが「それが何か?」と聞いていました。

いちごの里湯本農場

いちごの里を3時に出発、東北道から圏央道を走り、途中狭山PAで休憩、相模原愛川ICから町田に希薄したのは予想よりはるかに早く、まだ明るいうちの6時ちょっと前でした。

|

« 秘密の花園 / The Secret Garden | トップページ | さあ、見張りを立てよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あしかがフラワーパーク:

« 秘密の花園 / The Secret Garden | トップページ | さあ、見張りを立てよ »