« 落日の剣・上 | トップページ | トイカメラで撮ってみた X »

2018年3月 3日 (土)

追悼「シュシュ・ルタンガ」、そして「プラド美術館展」

180303_101  180303_102
上野動物園のハシビロコウ「シュシュ・ルタンガ」が、2018年3月1日に推定年齢23歳以上で亡くなりました。
なので、お花を持って上野動物園に行ってまいりました。

180303_103
これまで「シュシュ・ルタンガ」が暮らしていたエリアは、静かでした。

かつての、「シュシュ・ルタンガ」の画像がありました。

180303_111  180303_112  180303_113
きょうのハシビロコウは、2羽が出ていました。

180303_114  180303_115  180303_116

180303_117  180303_121  180303_123

180303_122  180303_131<
個体識別のヒントはありますが、座り込まれてはわかりません。

180303_141
ひなたぼっこするワオキツネザル。

180303_151  180303_152
ケープペンギン。

180303_161  180303_171
上野東照宮、シロハラハイイロエボシドリ。

180303_172  180303_173
ケララケラケラケケラケラとうるさいワライカワセミ。

180303_174  180303_175
オニオオハシ、ヘラサギ。

180303_176  180303_177
マダガスカルトキ、そしてこの鳥はなんだろう?

180303_178  180303_179
シロハラハイイロエボシドリでした。
そして、シロテテナガザル。

180303_180  180303_181
ねむりこけるインドライオン、閑々亭の梅。

180303_182
コンドル。

180303_183  180303_184
オオワシ。

180303_185  180303_186
オオタカ。

180303_187  180303_188
マレーシアミミズク、ネパールワシミミズク。

180303_190  180303_191  180303_192
シロフクロウ。

180303_193  180303_194
ねむりこけるリーリーとうちゃん。
お昼過ぎ、本日の整理券は全て終了していましたが、12時40分の見学者たちの行列がありました。

180303_195
ルリカケス。

180303_196  180303_197
この日の整理券は10時半完了、朝8時に職員の方が来たときには、すでに行列ができていたそうです。
平日でも11時には終わってしまうとのこと。

180303_201  180303_211
文化会館の精養軒でお昼。
文化会館には有賀誠門氏のコンサートのポスターが貼ってありました、楽しみなコンサート。

180303_301
国立西洋美術館で「プラド美術館展」です。
ベラスケスの作品は、「フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像」「メニッポス」「マルス」「狩猟服姿のフェリペ 4世」「バリェーカスの少年」「王太子バルタサール・カルロス騎馬像」「東方三博士の礼拝」の7点。
しかし「赤いドレスのマルガリータ」も「ラス・メニーナス」の皆さまも、お出ましにはなっていません。

1章 芸術
2章 知識
3章 神話
4章 宮廷
5章 風景
6章 静物
7章 宗教
8章 芸術理論

大きな美術館の作品をどのように紹介するか、悩ましいものがあることでしょう。
ウィーンの美術史美術館やフィレンツェのウフィツィ美術館、ロンドンのナショナル・ギャラリーなど、大きな美術館に行ったときは、あらかじめ下調べをしておいて、これだけは観ると決めておいた作品を中心に見ました。
どの作品を選ぶかに、そのときの注目作品とか好みなどの主観が入るわけで、それは今回のような展覧会で展示される作品たちの洗濯にも共通するだろうと思います。
その選択に自分の観たい想いとが重なるか重ならないか、今回の展覧会は残念ながら重なりませんでした。

180303_313180303_314

|

« 落日の剣・上 | トップページ | トイカメラで撮ってみた X »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼「シュシュ・ルタンガ」、そして「プラド美術館展」:

« 落日の剣・上 | トップページ | トイカメラで撮ってみた X »