« そうだ、京都 5 伏見稲荷御茶屋 | トップページ | そうだ、京都 7 平安神宮 神苑と尚美館 »

2018年2月22日 (木)

そうだ、京都 6 泉湧寺と六盛

180222_201  180222_202
泉湧寺は、皇室の菩提所として皇室との結び付きが強かったことから、「御寺」と呼ばれている。

180222_203  180222_204
大門から坂を下ると仏殿があり、殿の裏手に舎利殿がある。
坂を下って仏殿というのも、何だか珍しい。

180222_205  180222_206
通常は辰年のみ公開の舎利殿が、特別公開されている。
舎利殿内部には、舎利塔と両脇に月蓋長者・韋駄天が置かれ、天井には狩野山雪の「龍図」が描かれ、「鳴き龍」で知られる。

180222_207  180222_211
仏殿の迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来は、運慶作と伝えられている。

180222_221  180222_231
御座所は、天皇や皇后が訪れた際に休息所として使用され、現在の建物は、1818年に造営された京都御所内の皇后宮の御里御殿が移築されたもの。
観音堂の聖観音像は、楊貴妃に似ているので、楊貴妃観音と呼ばれている。

泉湧寺

180222_241
泉湧寺の最寄駅のおけいはん東福寺駅から徒歩20分、バスで泉涌寺道で下車し徒歩15分と、ちと大変だ。

平安神宮に移動し、お昼となる。

180222_301  180222_302
場所は、平安神宮近くの京料理のお店「六盛」である。
繁盛しているふうで、順番を待つ人の姿があった。

180222_311  180222_312
お昼は、蟹の茶碗蒸しや蟹ごはん、京料理。

180222_313
雛飾りがあった。

六盛

|

« そうだ、京都 5 伏見稲荷御茶屋 | トップページ | そうだ、京都 7 平安神宮 神苑と尚美館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、京都 6 泉湧寺と六盛:

« そうだ、京都 5 伏見稲荷御茶屋 | トップページ | そうだ、京都 7 平安神宮 神苑と尚美館 »