« 「最強のふたり」と「パリジェンヌ展」 | トップページ | 鎌倉近代建築の歴史散歩 »

2018年2月14日 (水)

「仁和寺と御室派のみほとけ ―天平と真言密教の名宝―」と「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」

180214_001
電車待ちをしていたら、幼稚園の貸切ロマンスカーが追い越して行った。
私たちは、上野に向かうのだが、ロマンスカーはどこに行くのだろう?

仁和寺と御室派のみほとけ ―天平と真言密教の名宝―

180214_141  180214_142
今日から国宝「千手観音菩薩坐像」の展示が始まるので、行ってきた。
トーハク入り口で、「会場は混雑しています」の張り紙、まあいいや、第2会場だけ見ればいいか。

180214_101  180214_102
観音堂も、前回よりも大勢の人たちが撮影していた。

180214_103  180214_104
観音堂は、仁和寺に行っても一般公開はされていない。

180214_105
千手観音菩薩立像、降三世明王立像(千手観音菩薩立像の右脇)、不動明王立像、(千手観音菩薩立像の左脇)二十八部衆立像、風神立像(左端)、雷神立像(右端)の33体を見ることができる。

180214_111
仁和寺では、観音堂の半解体工事などが平成30年3月までの予定で行なわれている。

180214_112  180214_121
観音堂本尊は、千手観音菩薩立像。

180214_131  180214_132
壁画も、407億画素で再現されている。

国宝「千手観音菩薩坐像」は、撮影できない。
正面からだけではなく、背後にも回り込んで鑑賞することができた。
葛井寺の本尊である「千手観音菩薩坐像」は、全部で1041本をもっているそうだ。
こう言っちゃナンだが、羽根を背負ったタカラヅカを想像してしまった。

180214_151  180214_152
「仁和寺と御室派のみほとけ ―天平と真言密教の名宝―」展は、3月11日(日)まで。

180214_201  180214_211
東京国立博物館本館18室「近代の美術」では、「明治150年」の展示が行われていて、重文「鷲置物」、宮川香山の重文「黄釉銹絵梅樹図大瓶」が展示されていた。

180214_221  180214_222

180214_301  180214_302
お昼になったので、食事。

東京国立近代美術館に移動。

没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

第1章 闇の守一:1900-10年代
第2章 守一を探す守一:1920-50年代
第3章 守一になった守一:1950-70年代

180214_401  180214_402
「猫」をよく見ると、右上には「クマガイモリカズ」が見える。
光の具合では見えない。

「伸餅」を見ていたら、高校生の頃だったか、美術の課題で豆腐と煉瓦が置かれているデッサンを描けという課題があったのを思い出した。

171201_0331_001  171201_0331_002
「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」展は、3月21日(水)」まで。

180214_403
常設展も、チラ見してきた。
1室「ハイライト」では教科書をはじめとしてよく見る作品たち、6室「南へ」の戦争画、9室「ロバート・フランク」の写真。

|

« 「最強のふたり」と「パリジェンヌ展」 | トップページ | 鎌倉近代建築の歴史散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仁和寺と御室派のみほとけ ―天平と真言密教の名宝―」と「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」:

« 「最強のふたり」と「パリジェンヌ展」 | トップページ | 鎌倉近代建築の歴史散歩 »