« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−4 ハルビンと稲佐山 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 4−2 再見長崎 »

2018年1月20日 (土)

新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 4−1 大浦天主堂とナガサキ・ピースミュージアム

180120_001  180120_010
最終日、大浦天主堂に行ってみました。

180120_011  180120_012
大浦天主堂は、3月までの予定で外壁修復工事中でした。
ロンドンに行ったときウェストミンスター寺院も工事中で幕に覆われていて、その幕に大聖堂の絵が描かれていましたが、ここではそのようなことはないようです。
ですが、ライトアップされた光が幕に映って美しいと、シスターに教えていただきました。

180120_013  180120_021
ショップで、日本の信徒発見150周年記念切手を購入。

180120_022  180120_023
大浦天主堂ペーパ・クラフトやドロさまパスタも、購入。

180120_024
買ったものは、こんなスタンプが押された紙袋に入れていただきました。

大浦天主堂

180120_031  180120_032
ナガサキ・ピースミュージアムに行ってみることにしました。

180120_033
ピースミュージアムでは、長崎バス創立80周年記念「バスが走る長崎の風景」展が開催中でした。
役所広司さんのCMが好評だそうです。

ピースミュージアム

180120_041  180120_042
松が枝埠頭には、今朝、ノルウェージャン・ジョイが到着しました。

180120_043
ノルウェージャン・ジョイは2017年の夏から運行されている旅客定員4,200名、総トン数167,725トン、全長325.90mのクルーズ船です。

180120_051
そろそろホテルに戻ります。
歩道に「nagasaki index」の番号が埋め込まれているのだが、何なのでしょう?
調べてみると、大河ドラマ「龍馬伝」関連のようです。
諏訪神社前の新大工町からグラバー園のある南山手町までの、「長崎龍馬の道」と名付けられた「龍馬らが闊歩した長崎のまち歩きを存分に楽しめるコンセプトロード」なのだそうです。

180120_061  180120_062
松が枝桟橋交差点で、366号を見ました。
ホテルに預けた荷物をピックアップ、長崎駅に向かいます。
車内広告の「愛のおでん電車」とは、何なのでしょう?
気になる方は、ここをご覧あれ。

180120_071  180120_072
職場のお土産などを購入、「或る列車」もお持ち帰り。
お昼は、アミュプラザ長崎の「おさかな家族 雑魚屋」にて、鯛茶漬とうどん。

180120_073  180120_074
おや、2月にすずさんがおいでなさるとね。

|

« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−4 ハルビンと稲佐山 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 4−2 再見長崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 4−1 大浦天主堂とナガサキ・ピースミュージアム:

« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−4 ハルビンと稲佐山 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 4−2 再見長崎 »