« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 1−4 クァンタム・オブ・ザ・シーズと四海樓 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 2−2 三菱重工長崎造船所史料館(1) »

2018年1月18日 (木)

新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 2−1 長崎駅に向かう

180118_001  180118_002
朝食に向かいます。
エレベーターの階数表示は、針式。
ドアが手動だったら、昇降機というところでしょう。

180118_003  180118_004
朝食会場は、パティオを経由した「アマリアサロン」。

180118_005
和洋のほか、カステラや皿うどんなど、長崎らしいものも用意されています。
コーヒーは、普通のコーヒーメーカーのほかに、デロンギのエスプレッソマシンも置かれています。
ただし淹れ方は1種類のみで、他のボタンは封印されていました。

180118_006  180118_007
寒い時期でなければ、パティオで食事するのも気持ちがいいかもしれません。
ただし、北側に隣接するマンションによる圧迫感はあります。

180118_011
このエントランスは、古い街並みの路地を狙ったのでしょうね。

180118_012  180118_013
今日は、1日乗車券を使います。
1日乗車券は電車の中では買えませんが、ホテルのフロントで購入できます。

180118_014  180118_015
ホテルから徒歩1~2分で大浦海岸電停で、これから長崎駅に向かいますが、ここを走る5系統は長崎駅方面にはいかないので、築町電停で1系統に乗り換えなければなりません。
電停で待っていると、石橋方面に503号、1205号と走って行きました。

180118_021  180118_031
長崎電軌はバリアフリー化に努力しているようですが、長崎駅前電停は歩道橋を渡ることでしかホームに行けない構造なので、車いすユーザーに限らず階段利用が困難な人たちは使うことができません。
九州新幹線長崎ルート開業に向けて、大事な課題となるでしょう。
蛍茶屋行きの1303号がやってきました。
まだ時間があるので、長崎駅を覗いてみます。

180118_032  180118_033
9時20分発の白いかもめ12号博多行きが、発車を待っていました。

180118_034  180118_035
1階のお店を眺めていると、こんなものがウィンドウに飾られているではありませんか!
フィグも付いているようです。

|

« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 1−4 クァンタム・オブ・ザ・シーズと四海樓 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 2−2 三菱重工長崎造船所史料館(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 2−1 長崎駅に向かう:

« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 1−4 クァンタム・オブ・ザ・シーズと四海樓 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 2−2 三菱重工長崎造船所史料館(1) »