« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−1 出島 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−3 寺町から松翁軒へ »

2018年1月19日 (金)

新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−2 新地中華街から崇福寺、自由飛行館へ

180119_051  180119_052
お昼に新地中華街へ向かいます。
江山楼は5月に来たので、新和楼というところに行ってみました。

180119_053
新和楼のちゃんぽんは、あっさり目でした。
新和楼

180119_061  180119_062
稲佐山の鉄塔は、NBCのアナログ放送に使われていた鉄塔が2012年に撤去されたので現在は3本、以前の四本時代の稲佐山が描かれたTシャツなどは、レアもののようです。
長崎電軌301号「みなと」が、目の前を走りさっていきます。

180119_063
築町電停から正覚寺下電停までまで電車に乗りましたが、思案橋電停で他の乗客はみなさん下車してしまい、正覚寺下電停までは貸切状態でした。

180119_071  180119_072
正覚寺下電停から崇福寺に向かいます。
歩いて10分もかからず、特徴的な国指定重要文化財の崇福寺三門が見えてきます。

180119_073  180119_074
拝観料をお支払いしてさらに奥に進み石段を上がると、軒下の独特の木組みが美しい国宝の第一峰門です。

180119_075  180119_076
そして、大雄宝殿、ここも国宝です。

180119_077
崇福寺は、長崎に住んでいた福建省の人々から招かれた僧超然が、1629年に創建した黄檗宗のお寺です。

180119_081  180119_082
崇福寺の門前に、自由飛行館があります。
ということで、一休みしました。
カステラつきです。

180119_083
自由飛行館

|

« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−1 出島 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−3 寺町から松翁軒へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−2 新地中華街から崇福寺、自由飛行館へ:

« 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−1 出島 | トップページ | 新しき朝の光のさしそむる荒野にひびけ長崎の鐘 3−3 寺町から松翁軒へ »