« 「反戦主義者なる事通告申上げます」 ―反軍を唱えて消えた結核医・末永敏事 | トップページ | 人形の家 »

2017年11月29日 (水)

「モリソン文庫渡来100周年 東方見聞録展~モリソン文庫の至宝」展と六義園

171129_001
東洋文庫ミュージアムで開催中の「モリソン文庫渡来100周年 東方見聞録展~モリソン文庫の至宝」展を見てまいりました。

171129_011  171129_012
展示を見る前にお昼にしようと「知恵の小径」を歩いて「オリエントカフェ」に行ってみましたが、本日は予約で満席、ざんねん。
中庭には「日本植物誌」に載っている木々や花々が植えられていて、その名も「シーボルト・ガルテン」というのだそうな。

171129_021  171129_024
「モリソン文庫」は、岩崎久彌が1917年にジョージ・アーネスト・モリソン氏から購入した洋書・絵画のコレクションで、2階に上がると「モリソン書庫」に圧倒されます。

171129_023  171129_022
「モリソン書庫」には、24000点の古書が収納されているそうです。

171129_031  171129_041  171129_042
岩崎文庫に入ると、各時代各地域で出版された「東方見聞録」の書棚があります。
そして、「魏志倭人伝」や「日本書紀(後陽成天皇勅版)」などが展示されています。

171129_051  171129_052
「回顧の路」、このちょっと怖い廊下(「クレバス・エフェクト」というそうな)を進んでいくと「ディスカバリールーム」となり、「モリソン文庫」のコレクションから、教科書などで見たことのある「アヘン戦争図」などが展示されていました。

展示リスト

171129_061  171129_062
図録などを購入。

171129_071  171129_072
2018年1月8日(月・祝)まで。

モリソン氏といえば、鎌倉には「モリソン屋敷」がありました。
ジェームス・ペンダー・モリソン氏(1844年7月21日~1931年11月22日 )はスコットランド出身の火薬商で、1867年に来日し、日本にクリケットや競馬を紹介した人として知られています。
ジョージ・アーネスト・モリソン氏(1862年2月4日~1920年5月30日)はオーストラリアの出身ですから、直接の関係はないのでしょう。

171129_101  171129_102
駒込駅に戻るのに、六義園を抜けて歩くことにしました。

171129_103  171129_104
東洋文庫で「オリエントカフェ」を逃したので、六義園でお団子。

171129_105  171129_106  171129_107
紅葉の見頃の時期とあって、大勢の人が来ていました。

171129_108  171129_109
「紅葉と大名庭園のライトアップ」が、12月6日(水)まで行われています。

171129_110  171129_111
六義園は、もとは柳沢吉保の下屋敷、明治になって岩崎彌太郎が購入、1938年に東京市に寄贈されました。

171129_112  171129_113
東洋文庫は岩崎彌太郎・喜勢の長男岩崎久弥がモリソン氏のコレクションを購入したことが始まりで、隣り合っているのも因縁浅からぬものがあるのでしょう。

171129_114  171129_115
駒込駅側の染井門にはチケットブースの前にキューができていましたが、正門にはキューはありませんでした。

171129_201
上野に行って上野の森美術館の前まで行きましたが、13時40頃の入場は90分待ちだったので、パス。

171129_211  171129_212
松坂屋でお昼にしました。

171129_213  171129_214
平日だというのにどこも混んでいましたが、藪に入りました。

171129_221  171129_222
なぜ松坂屋まで行ったかといえば、それはバウムクーヘン。

171129_223  171129_224
ユーハイムでは、カットしていただけるのです。
許可をいただいて、カットの様子を撮ってみました。

171129_225  171129_226
手前からカラメルナッツ、チョコレイト、ふつうのと、三種類をお持ち帰り。

用を済ませて15時頃に上野の森美術館に行くと、キューは110分待ちになっていました。

|

« 「反戦主義者なる事通告申上げます」 ―反軍を唱えて消えた結核医・末永敏事 | トップページ | 人形の家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「モリソン文庫渡来100周年 東方見聞録展~モリソン文庫の至宝」展と六義園:

« 「反戦主義者なる事通告申上げます」 ―反軍を唱えて消えた結核医・末永敏事 | トップページ | 人形の家 »