« トイカメラで撮ってみた VI | トップページ | 手塚治虫「戦争漫画」傑作選 »

2017年10月 8日 (日)

小布施日帰り買い出し

いつものごとく思いつきで、6時半少し前に一路小布施に向けて出発。
圏央道から中央道に入るルートにしましたが、圏央道相模原ICを過ぎてから中央道相模湖ICまでは渋滞、ノロノロでした。

171008_001
9時前、諏訪湖SAで休憩。
ここで眺めていると、写真を撮りたい某国団体がグイグイ押してくるのね。

出発してから4時間後の10時半前に小布施に到着しましたが、通りには大勢の人たち、そして駐車場はどこも満車でした。
さすが連休。
仕方がないので、以前から懇意にさせていただいているお店に入ると女将さんが帳場に立っていらっしゃったので、駐めさせていただきました。
むろん、お昼はこのお店に予約して、時間まで街を歩くことにしました。

171008_101  171008_111  171008_112
高井鴻山記念館にいきます。
高井鴻山記念館では、「鴻山の愛でた江戸期の名品」が12月6日まで開催されていて、酒井抱一の「秋草名月」や伊藤若冲の「鶏百態図」が展示されています。
いずれも、間近で独り占め鑑賞ができました。

171008_121  171008_122
敷地には書斎兼サロンとして使われた築200年の翛然楼があり、内部に入ることができます。

171008_123  171008_124
翛然楼の柱が、なぜか畳の間から立っています。

171008_201  171008_202
お昼に向かったのは、鈴花さん。

171008_211  171008_212
通していただいたのは、鈴花さんのお部屋のひとつ「櫻」。

171008_213  171008_214
灯りにぶら下がっているのは花崗岩、エアコンの風で灯りが揺れないようにするための工夫だそうです。

171008_215
ちなみに鈴花さんのデザインは、水戸岡鋭治氏によるものです。

171008_221  171008_222
まず、自家製胡麻豆腐。
厚切りロースカツ御膳と栗おこわ。

171008_223  171008_224
この厚みを見よ。
自家製のお味噌、フランスの岩塩でいたきます。

171008_225
特製栗おこわ、ふだんの栗おこわではありません。

171008_226  171008_227
デザートは、栗のアイス、そしてSisiyさんが注文した「昼の点心」にはりんごのアイス。

171008_228  171008_229
コーヒーカップやソーサー、シュガーポットやミルクピッチャーにもにも「Suzuhana」の絵柄。
二階の部屋はてんてこ舞い状態だっったようですが、「櫻」には他にお客さんが入ってくることもなく最後まで貸切状態で、ゆったりとした食事時間を過ごすことができました。

お店ができて10年になりますが、私たちが行くようになったのは数年後のこと、それでも8年ぐらいになります。
1年に一度行くか行かないかぐらいなのに、いつも心地よくお迎えしていただいています。
デザートのときには、大将にもお部屋まで来ていただきました。
大将は、数年前に生きるか死ぬかの大病を患って心肺停止状態にまでなり、1ヶ月心意識のない状態だったそうですが、無事にお店に戻ることができました。

小布施ワイナリーに向かいます。
駐車場はいっぱいでしたが、1台出て行ったので、無事に駐めることができました。

171008_301  171008_302
あらら、小布施ワイナリーってば、外観が変わったじゃありませんか。
ちょっとヨーロッパ風。
ショップはやはり混雑、スタッフから「もっと暇なときに来てくださいよ」と言われてしまいました。

171008_311  171008_312
ノンラベルの白、おじいさんのブランデー、スパークリングE1を購入、宅送依頼。

171008_401  171008_411
小布施の猫、声をかけたら挨拶をしてくれました。
そして、畑のなかの松仙堂で、栗まん、雲井の雁、空蝉を購入。
ここでもご主人に、「もっと混雑しない時期にきなさいよ」と言われてしまいました。
混雑しない時期だと、季節限定の雲井の雁や空蝉を買うことができないのですが・・・・。

最後に、紅玉を求めて直売所を覗きましたが、置いてありませんでした。
もう午後だからないだろうと小布施ハイウェイオアシスに行ってみました。

171008_421  171008_422
小布施のフルーツがいっぱいの「おぶせ物語」に行ったら、ありました。
紅玉8個入りで1袋500円でした。

171008_423  171008_424
そして、翠峰もお買い求め。

171008_425
高井鴻山記念館でいただいた胡桃と比べてみると、大きさがわかります。

171008_501  171008_502
景色が良さそうなので、姥捨SAから眺めてみました。
戸隠、妙高、黒姫、飯綱、斑尾、長野盆地が見えます。

171008_503
そして、志賀や手前には千曲川が見えています。

171008_511  171008_512

171008_513  171008_514

171008_515  171008_516
ここは「夜景100選」の一つのようです。

171008_521
姨捨SAから見える山々。

ちょっと早いけれど晩ごはんにしようと梓川SAへ。

171008_601  171008_602
山の向こうは上高地、常念にはちょっと雲がかかっているけれど、夕暮れの山並みが見えました。

171008_611  171008_612
梓川SAから見える山々。

171008_621  171008_622
日が沈み、雲が輝いていました。

171008_623  171008_624
トンボがいっぱい飛んでいました。

171008_625  171008_626
ゴジラ登場かしら?

171008_631
頼んだのは、韃靼そば。

171008_701
梓川SAを出発したのは午後6時、すでに小仏トンネルから35kmの渋滞と表示されていました。
甲府あたりを走っていると八王子まで2時間以上と表示されていましたが、午後7時50分頃、岩殿トンネルを抜けたところでの表示でも120分でした。
結局、梓川SAから八王子JCTまで4時間かかり、午後10時に圏央道に入り、小布施からの復路は8時間(休憩1時間)を含む)、走行距離は575kmでした。

|

« トイカメラで撮ってみた VI | トップページ | 手塚治虫「戦争漫画」傑作選 »

コメント

美味しそう~特に栗尽くし厚切りかつ昼飯!!さぞかし野お味だったんでしょうね~
私も今日はこれからグーグルして渋皮煮に挑戦して見ようかなと思ってます^^

それにしても8時間はお疲れ様です><肩こりと腰痛気味の私には耐え難い話です。。。スイスではバス移動8時間を回避できたのにねっ(笑)

投稿: くまざわようこ | 2017年10月13日 (金) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小布施日帰り買い出し:

« トイカメラで撮ってみた VI | トップページ | 手塚治虫「戦争漫画」傑作選 »