« パリ燃ゆ 6 | トップページ | 写真展めぐり 鉄道写真展、「あなたのカメラができるまで」、「にっぽんの市内電車 ―昭和20~40年代―」 »

2017年9月27日 (水)

豪徳寺散歩と招き猫電車

豪徳寺に行ってきました。

170927_001  170927_002
まずは、iL CHIANTI豪徳寺店でお昼。
ランチのセットは、ボリュームたっぷりでリーズナブルでした。

商店街を抜けて、豪徳寺まで歩きます。

170927_101  170927_102
松並木の大谿山豪徳寺参道入り口を抜けると、山門です。

170927_103  170927_104
奥に進むと、大香炉と三重塔が立っています。
三重塔は2006年5月と、近年に造営されました。

170927_105  170927_106
境内左手の奥に進むと、招き猫が見えてきます。

170927_107  170927_108
招福殿には、招猫観音が祀られています。

170927_109  170927_110
そして招福殿横には、招き猫奉納所があり、たくさんの招き猫が置かれています。

170927_111  170927_112
灯篭にも、招き猫がいました。

宮の坂駅に向かいます。
せっかく世田谷線沿線まで来たので、招き猫電車に乗るのです。

170927_201  170927_202
宮の坂駅には元江ノ電の601、前身は東京急行電鉄デハ80形が静態保存されています。
しかし、以前来た時より、ちょっと荒れ気味なのは残念なことです。

170927_203  170927_301
三茶に向かうことにしました。
高井戸行きレリーフイエローの306Fが到着しました。

170927_302  170927_303
三茶行きモーニングブルーの302Fの到着です。
乗車したら、すぐに「幸福の招き猫電車」308Fとすれ違いました。

170927_304  170927_305
信号待ちの若林踏切を過ぎると、玉電塗装の301Fとすれ違いました。

三軒茶屋の駅員さんに招き猫電車の運行時刻を尋ねたら、15分ほど待てば到着すると教えていただきました。

170927_401  170927_402
三軒茶屋駅にアップルグリーンの304Fが到着、折り返し下高井戸行きとなります。

170927_403  170927_411
下高井戸行き304Fが出発すると、レリーフイエロー306Fが到着です。

170927_412  170927_413
306Fは下高井戸行きとなります。

170927_414  170927_501
306Fが下高井戸に出発すると、「幸福の招き猫電車」308Fの到着です。

170927_502  170927_503
三軒茶屋駅に「幸福の招き猫電車」308Fが入線してきます。

170927_504  170927_505
「幸福の招き猫電車」308Fは下高井戸行きとなります。

170927_506
「幸福の招き猫電車」308Fのラッピングを見ていると、乗車です。

170927_601  170927_602
床には猫の足跡が描かれています。

170927_603  170927_604
車内奥へと誘導する猫の足跡は、左右の入り口ドア(世田谷線は2両編成、先頭と後部のドアが入り口、中間のドアが出口になる)から始まっています。

170927_611  170927_612
そして、車内の吊り手は招き猫型。

170927_621  170927_622
私たちは山下駅で下車です。

170927_623
下高井戸に向かう「幸福の招き猫電車」308Fを見送りました。

「幸福の招き猫電車」308Fは、2018年3月末まで運行される予定です。

170927_701  170927_702
千歳船橋で途中下車して、文栄堂さんに立ち寄ってまいりました。
文栄堂からは、カステラをお持ち帰り。

|

« パリ燃ゆ 6 | トップページ | 写真展めぐり 鉄道写真展、「あなたのカメラができるまで」、「にっぽんの市内電車 ―昭和20~40年代―」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪徳寺散歩と招き猫電車:

« パリ燃ゆ 6 | トップページ | 写真展めぐり 鉄道写真展、「あなたのカメラができるまで」、「にっぽんの市内電車 ―昭和20~40年代―」 »