« 鬼平犯科帳(六)/鬼平犯科帳(七) | トップページ | リトルジョンの静かな一日 »

2017年8月 3日 (木)

ザビエルに続く宣教師たち 神父さま、なぜ日本に?

170712_031  170712_032
日本に来た15人の神父さま、この中に直接知っている神父さまは一人いらっしゃった。
もっとも顔を知っているというだけで、教わったことはないのだが、間近で話を聞いたことはある。
直接取り上げられている神父さまではないが、お話の中に出てくる他の神父さま(故人)には、教わったことはある。
それとともに、その神父さまがいたところが、ある意味で来日した宣教師たちの受け入れをしていたことは、本書で初めて知った。
が、少年時代の当時は、これらの神父さまが語るような思いを、教わった神父さまから感じることはなかった。

ずっと昔、「ゼノ死ぬひまない」という本も読んだことを思い出す。

宮部みゆきさんの評。

インタビューして聞き取った内容をまとめたのだろうが、話すご本人にはわかっていることでも、他者が聞いたときに「それは何?」と思うようなところや、出来事がどのくらいの年だったのかがわからなかったりするところもあるので、その辺りを再構成しても良かったのではなかろうか。

フリードリッヒ・マンフレード神父(フランシスコ会)
オスワルド・ミューラー神父(神言修道会)
オリビエ・シェガレ神父(パリ外国宣教会)
ガエタノ・コンプリ神父(サレジオ会)
アルフォンス・デーケン神父(イエズス会)
ゾーニ・ベルナルド神父(カルメル会)
ニコラス・スワイアテック神父(コンベンツアル聖フランシスコ修道会)
アンドレ・カンペンハウド神父(横浜教区)
バリー・ケンズ神父(コロンバン会)
マヌエル・シルゴ神父(イエズス会)
グレアム・マクドナル神父(東京教区)
茨木 留土神父(イエスの小さい兄弟会)
シリル・スメット神父(淳心会)
ファン・アギラール神父(イエズス会)
アラン・ラサール神父(カプチン・フランシスコ修道会) 話

女子パウロ会

|

« 鬼平犯科帳(六)/鬼平犯科帳(七) | トップページ | リトルジョンの静かな一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザビエルに続く宣教師たち 神父さま、なぜ日本に?:

« 鬼平犯科帳(六)/鬼平犯科帳(七) | トップページ | リトルジョンの静かな一日 »