« パリ燃ゆ 3 | トップページ | 材木座あたり »

2017年8月27日 (日)

かまくら長谷の灯かり2017

8月21日(月)から27日(日)まで開催されていた「かまくら長谷の灯かり2017」の最終日、夕暮れの長谷を歩いてまいりました。
と言っても夕暮れから終了時間(8寺半)までに8カ所行くことは無理で、鎌倉文学館と甘縄神社の2カ所だけ。
長谷寺の門前までは行きましたが、中には入らず。

170827_101  170827_201
お店には、こうした灯りが軒先に吊り下げられていたり、下に置かれていたりします。

170827_202_2  170827_203
坂を上がって鎌倉文学館(旧加賀藩前田家邸、景観重要建築物等第1号)に入っていきます。

170827_204  170827_205
招鶴洞を抜けると、、鎌倉文学館です。

170827_206  170827_207
文学館の広いお庭には入れず、前庭からの眺めでした。

170827_208  170827_209
個人的には、もう少し灯りは少なくてもいいかな。

170827_210  170827_211
もっと大勢の人たちが来ているかしらと思っていましたが、意外に少なかったです。

170827_212  170827_213
提灯を持っている人たちがいますが、提灯は自治会で貸してくれます。

170827_214  170827_215
本来は自治会の人へ貸し出すということでしたが、なぜか借りることができました。

170827_216  170827_217
通常は、夕暮れになってから入ることはできないので、文学館のこうした様子を見ることはできません。

170827_218
なかなか風雅なひと時でありました。

170827_301  170827_302
文学館から甘縄神社に移動します。

170827_303  170827_304
途中に長谷子ども会館(旧諸戸邸、景観重要建築物等第12号)がありますが、ここも参加して欲しかったなあ。

170827_305  170827_306
こんなに大勢の人たちが来ている甘縄神社は、初めてです。

170827_307  170827_308
ライトアップしている光は、時間とともに色が変化します。

170827_309  170827_401
提灯の光源はLED、これも時間とともに変化します。
提灯は、長谷寺で返却しました。

海岸へ出て、今年開店60周年のシーキャッスルで、遅めの晩ご飯。
カーラおばちゃんから聞いた話では、外国人の方が提灯を借りることができなかったのを残念がっていたそうです。
このあたりは、改善できるといいかもしれません。

170827_501  170827_601
長谷から江ノ電で藤沢に向かいます。
長谷駅には、有名な「長谷液」が置かれています。

170827_602  170827_603
乗車した電車は、305(藤沢方)+355(鎌倉方)の2両編成でした。

170827_604  170827_605
あれ、藤沢駅の「カエル」がいない。

170827_606
その代わりなのか、写真が飾られていました。

|

« パリ燃ゆ 3 | トップページ | 材木座あたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かまくら長谷の灯かり2017:

« パリ燃ゆ 3 | トップページ | 材木座あたり »