« アガサ・クリスティーの大英帝国 | トップページ | オランダ絵図 »

2017年7月16日 (日)

活版TOKYO@神保町、お昼はすずらん通りの「ろしあ亭」

170716_p01
神保町で開催中の「活版TOKYO2017」に行ってきました。
思ったよりたくさんの人たち、活版など知らないであろう世代の人たちが多かったのが印象的。

活字を使ってハンコを作っていただけます。
170716_p11  170716_p12
活字1コ@130(大文字は@150)なので、住所やメルアドを作ると、ちょっと値が張るかもしれませんが、まあ一生モノだと思えばいいかもしれません。
この活字ハンコ、銀行の通帳に使えるでしょうか。

グーテンベルクな気分になることもできます。

170716_p21  170716_p22
用紙をセットします。

170716_p23  170716_p24
ハンドルを一度引いて、版にインクを載せます。

170716_p25  170716_p26
ハンドルを戻します、もう一度強くハンドルを引くと、印刷されます。

170716_p27
出来上がり。

お店や体験だけでなく、展示も行われていました。

170716_p31  170716_p32
活版カルタ、残念ながら非売品でした。

170716_p41  170716_p42
版を組み紙型が作られ、紙型が保存されます。
「雨ニモマケ」の版もありました。

170716_p43  170716_p44
年賀状を作成していただけるそうです。
お値段は、わかりませんが。
そして「ツバキ文具店」のテレビでも、活版による手紙が使われました。

170716_p45
これらのポスターの文字も、活字が使われているそうです。
デジタル文を使ったものと活字を使ったもの(むろんそのままではなく活字をデジタル化して拡大)とで試作し、コンペで選ばれるそうです。

170716_p51  170716_p52
俳優座もブースを出していました。
9月の公演「海の凹凸」で、活版印刷が登場するそうです。

活版TOKYOは、本日でおしまい。

すずらん通りの「ろしあ亭」、先客が1組待っていたので、その後ろに並びました。

170716_r1  170716_r2
4種類のランチメニューから選べます。
パンかライスかを選べるはずですが、オーダーのときには聞かれませんでした。
まずサラダ。

170716_r3  170716_r4
ボルシチがつきます。
そして、壷焼きマッシュルームのクリーム煮。

170716_r5  170716_r6
白いビーフストロガノフ、無条件にパンでした。
どちらにするかと聞かれるのを待つのではなく、自主申告しなきゃいかんかったのでしょうか。
デザートはヨーグルト、甘かった。

「ろしあ亭」は1階と2階があって、1階では年齢不詳の女性が一人であれこれやっているのですが、ともかく笑顔なしの無愛想、オーダーしおわったときには「はあ」とため息。
これは、「パンかライスかを選べると書いてあるのだから、選んで伝えてよ、言わないのだったら、こっちの好きにしてもらいますからね」の「はあ」だったのかもしれません。
おお、懐かしのソビエツキイな世界であるなと感心しました。
お勘定のときに「おいしかったです」で、ちょっぴり笑顔は帰ってきました。

|

« アガサ・クリスティーの大英帝国 | トップページ | オランダ絵図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活版TOKYO@神保町、お昼はすずらん通りの「ろしあ亭」:

« アガサ・クリスティーの大英帝国 | トップページ | オランダ絵図 »