« Swiss 2017 7−2 チューリッヒ空港 | トップページ | Swiss 2017 標高リスト »

2017年7月27日 (木)

Swiss 2017 7−3 LX160便で帰国

26_111  26_112
搭乗開始となったが、相変わらずご一行さまたちはいない。
待っている必要もないだろうと搭乗、席は41Aである。
隣のB777-300(HB-JND)は、シカゴに行くようだ。
やがてご一行さまたちも搭乗でき、定刻より10分ほど遅れて出発となった。

26_113  26_114
滑走路に向けてタキシング。

26_115  26_116
エーデルワイス機(A320-200、HB-IJW)は、コソボから到着したところのようだ。

26_117  26_118
リアエンジンの機体はルフトハンザのCRJ-900LR(D-ACKB)で、ミュンヘンから来たようだ。

26_119  26_120
LX160は展望デッキの前を進んで行く。
いつかはこの展望デッキで飛行機観察をしたいものだ。

26_121  26_122
LX160は34から離陸する。

26_123  26_124
北北西方向に離陸しているので、チューリッヒの街を見ることはないだろう。

26_125  26_126
次第に高度を上げていく。

26_131  26_132
離陸前、前の40A・40Bの二人連れはビジネス席に移っていったので、Sisiyさんは前の席に移り、それぞれゆったりできそうだ。
しかし、もっと後ろの席のKさんが空調が寒いと申し出たところ、客室乗務員から40か41に移ってもいいと言われたとのことで、体調がよろしくなさそうだったので交代してあげた。
移った席は44D。
つかの間の2人席1人占めであった。
いっぽうKさんも2人席となったのだが、どこか席の仏国人が自席のモニターが壊れていると言って移ってきたようで、これまたつかの間の2人席1人占めであった。

26_140  26_141
メニューが配られた。
肉は食べたくなかったので、パスタにした。
食前にワイン、食事にワイン、食後もワイン、以後爆睡。

朝食が配られたが、隣席に配られたのはなぜか夕食のパスタ。
交換の際、客室乗務員が手を滑らせたかして、パスタは逆さまに床に落ちてしまった。
おかげで目が覚めた。

26_151  26_152
着陸が近くなったので前方の様子を写してみたが、雲だらけ。

26_153  26_154
旋回して着陸態勢に入るのだが、外気温が変だ。
LX160は、定刻より少し遅れて34Lに着陸した。

今回パックツァーにしたのは、行きたいと思っていたヴェンゲンに連泊、他の場所も連泊する内容だったから。
サースフェーやベリンツォーナなど、個人だとなかなか行けないところに行けたのはプラス評価しよう。
しかし、連泊と言っても1泊目のホテル着が遅いので、連泊の意味はほとんどない。
そして、移動日のバス移動はこたえる。
さらに、自分で考えない、時間に追われる、結果、ポカミスが増えるといったマイナス評価が大きい。
次回スイスに行くとしたら、あれこれ欲張らず、1回目と同様個人旅行、そして定点泊にしたい。

チケット購入の窓口ではどこでも、スイストラベルパスを持っているか、スイスハーフフェアカードはないのかと聞かれた。
今回はツァーなのでスイストラベルパスは用無しではあるが、スイスハーフフェアカードは用意しておいてもよかったかもしれない。
なぜなら、今回、自由行動でロープウエイのチケットを買ったり、SBBのチケットを買ったりしたが、いずれも正規料金であった。
これらのチケットの半額料金にスイスハーフフェアカードの料金を加えたとき、予定では損をする結果を試算していたのだが、実際には離団して移動したこともあったので、その分を加えると、お得にはなったはずである。

|

« Swiss 2017 7−2 チューリッヒ空港 | トップページ | Swiss 2017 標高リスト »

コメント

もう何も面白いことないだろうと、とりあえず見ただけなのに。。笑えました!
最後の最後にまたKが登場!うれしい^^~(ホント、お互いつかの間の独り占めでしたね><)

私と席を交換してくれた楠さんとTさんが遠距離を手話で会話してる様がなんともエレガントで素敵でした!私も手話を習いたくなりました^^。

投稿: Kさん | 2017年8月13日 (日) 09時48分

A340は座席が2−4−2、一部2−3−2なので、777の3−4−3(一部2−4−2)より好きな配置です。
本当はもっと前のほうの席がいいんですけどね・・・。

投稿: 楠の末裔 | 2017年8月13日 (日) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2017 7−3 LX160便で帰国:

« Swiss 2017 7−2 チューリッヒ空港 | トップページ | Swiss 2017 標高リスト »