« Swiss 2017 2−1 ベルニナ・ディアヴォレッツァに向かう | トップページ | Swiss 2017 2−3 ポントレジーナからハイキング »

2017年7月21日 (金)

Swiss 2017 2−2 ディアボレッツァ展望台

21_051  21_052
ベルニナ・ディアヴォレッツァ駅に9時19分に到着し下車、駅舎らしい駅舎はないが、駅そばに駐車場には多くの車がいた。
乗車していたのは、EW IV系客車BD2475。

21_053  21_061
駅のすぐそばから、ディアヴォレッツァ展望台に上がるロープウエイが出ている。

21_062  21_063
山麓駅は標高2063m、どうりで周囲に木々がないわけだ。
カードを改札機にタッチすることで、ゲートが開く。
ほかのところではバーコードを読む改札機が多いが、「Bergbahnen inclusive」カードは、ICカードなのか。

21_064  21_065
展望台は標高2978m、ロープウエイは900mの高度差を約10分であがっていく。

21_066  21_067
ロープウエイから、奥に白い湖ビアンコ湖(Lago Bianco)、その一つ手前に黒い湖ネール湖(LLej Nair)、一番前にピッチェン湖(LLej Pitschen)が見える。

21_068
ロープウエイの下には、ディアヴォレッツァ湖(Lej da Diavolezza)がある。

21_071  21_072
展望台に出ると、目の前にペルス氷河(Vadret Pers)が見えるが、ピッツ・パリュ(3905m)、ヴェラヴィスタ(3922m)、ピッツ・ベルニナ(4049m)、ピッツ・モルテラッチ(3751m)といった奥の山は頂が雲に隠れている。

21_073  21_074
ペルス氷河は、下ったところでモルテラッチ氷河と合流する。
展望台を起点に、さまざまなハイキングコースがある。

21_075  21_076
なぜか、ケルンが積まれている。

21_077  21_078
これは氷河ではありませんが、触ってきました。
岩の間には、花が咲いている。

21_079  21_080
雨が落ちてきたので、ベルグハウス・ディアヴォレッツァに入ってハイセ・ショコラーデをいただく。
それでも、歩きたい人はいるのである。

21_081  21_082
雨が上がると、雲の隙間からピッツ・ベルニナがちょっと顔を出してくれた。
山が見えてきたので、ワンコも山歩きだ。

21_083
このように明瞭に見えるといいのだけれど・・・。

21_091  21_092
ロープウエーで山麓に降りると、牛さんたちが出ていた。
子牛もいるみたいだ。

21_093  21_094
サン・モリッツ方面は、日がさしているので、歩けるかな。

21_101  21_102
ベルニナ・ディアヴォレッツァ駅で電車を待っていると、11時19分発のR1625ティラノ行きの電車が到着した。

21_103  21_104
新型車両に旧型車両が連結されている。

21_105
おまけにトロッコ車両も牽引されている。
これこそが本当のパノラマカーだ。

|

« Swiss 2017 2−1 ベルニナ・ディアヴォレッツァに向かう | トップページ | Swiss 2017 2−3 ポントレジーナからハイキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2017 2−2 ディアボレッツァ展望台:

« Swiss 2017 2−1 ベルニナ・ディアヴォレッツァに向かう | トップページ | Swiss 2017 2−3 ポントレジーナからハイキング »