« Swiss 2017 3−6 サースフェー | トップページ | Swiss 2017 4−1 マッターホルン・グレーシャー・パラダイスに上がる »

2017年7月22日 (土)

Swiss 2017 3−7 ツェルマット

22_201  22_202
サースフェーからツェルマット(Zermatt)に向かう。

22_203  22_204
マッターホルン・ゴッタルド鉄道が並走している。
ヴァイスホルン(4506m)とビス氷河(Bisgletsche)が見える。

22_205
フィスプ方面に、機関車にプッシュされた列車が下っていく。

22_211  22_212
ツェルマットは車は入れないので、ティーシュ(標高1449m、Täsch)でバスをおり、シャトル列車でツェルマットに向かう。
おお、ゴルナーグラートでロミジュリだとさ。

22_213  22_214
ティーシュ駅構内に、マッター谷のパノラマ模型が置かれている。

22_215  22_216
シャトル列車の往復チケット(復路は明後日に使う)が配られた。

22_217  22_218
Alpine Classic Pullman Expressがツェルマットに向かっていった。
この列車は1930年代の豪華車両を復刻した列車で、前回もツェルマット駅で見た。

22_219
シャトル列車は、20分間隔で運転されている。

22_221
標高1608mのツェルマットに到着すると、さっき見たAlpine Classic Pullman Expressが停車していて、牽引している1940年代に導入されたHGe4/4 I形電気機関車36号機を間近で見ることができた。

22_231  22_232
今日明日のお泊まりは、駅前のSCHWEZERHOF HOTEL、午後8時頃に到着。

22_233
前回来た時、ホテル前のメイン・ストリートはよく歩いたものだ。

22_241  22_242
午後8時半、晩ごはん、飲み物はツェルマットビール、Vorspeiseはチーズとトマト。

22_243  22_244
メインはビーフだそうな。
ライスはパサパサだが、野菜(いささか固い)がたくさんあったので良しとしよう。

22_245
フルーツがデザート、できればコーヒーも欲しいところである。
オーダーすれば、有料だ。

この日のバスでの走行距離は320km、出発地のサンモリッツは標高1822m、ベリンツォーナは標高250m、ネフェン峠は標高2478m、フィスプは標高651m、サンスーフェは標高1800m、到着地のツェルマットは標高1608mと、距離ばかりではなく、上下移動もたくさんな1日であった。

|

« Swiss 2017 3−6 サースフェー | トップページ | Swiss 2017 4−1 マッターホルン・グレーシャー・パラダイスに上がる »

コメント

本当に参ってしまった1日でした=。

まだビールもワインも飲めなくて羨ましかったわ~

目にブルーライトが悪いので今日のお楽しみはここまで
ではまた!

投稿: Kさん | 2017年8月 5日 (土) 15時28分

今回のツァーでは、あまり飲んべな人たちがいなかったですね。

投稿: 楠の末裔 | 2017年8月 7日 (月) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2017 3−7 ツェルマット:

« Swiss 2017 3−6 サースフェー | トップページ | Swiss 2017 4−1 マッターホルン・グレーシャー・パラダイスに上がる »