« Swiss 2017 4−3 フーリからツェルマットまで歩いてみた | トップページ | Swiss 2017 5−1 ブリエンツに向かう その1・フィスプまで »

2017年7月23日 (日)

Swiss 2017 4−4 ツェルマットからマッターホルン

23_143
ツェルマットに入ったところに、ねずみ返しのある倉庫が残されている。

23_151  23_152
聖マウリシウス教会(Pfarrkirche St. Mauritius)、前回来たときは結婚式が行われていた。

23_153
教会のそばの墓地には、登山家たちが眠っている。

23_161  23_162
道には、登山家たちのプレートがはめられている。
駅からホテルにお客様を送る馬車がいく。

23_171  23_172
COOPでハイダワイン、つまみ購入。
だらだら過ごそうと思ったら、気まぐれマッターホルンが姿を見せた。

23_173  23_174
今は午後5時になろうとしてるが、それぞれの展望台にいると、姿はよく見えるのだろう。

23_181  23_182
テラスから見ているだけではなく、例の橋のところまで行ってみることにした。

23_183  23_184
逆光気味だからいい写真は無理だ。

23_185  23_186
日本人橋はインターナショナル橋になってた。

23_187
マッターフィスパ川沿いにも、多くの人たちが出ていた。

23_191  23_192
ハイダワインを開ける(「空ける」が正しいかも)。

23_193
マッターホルンに乾杯。
夕食はお手軽に済ませることにしたが、カップ麺にしんがある、あまのさんのおかゆがほぐれない、そうか、さすがに標高1800m、沸点が低いのだ。
スーパーで買った、クノールのquick soupはどうなるだろう。

23_201  23_202
午後9時頃そろそろ日没、夕焼けはどうかしらとテラスに出てみた。

23_203  23_204
晴れすぎて夕焼けマッターホルンにはなりそうもない。

23_205
雲で山が見えないの、雲がないのと、なんとわがままな。

明日は雨模様。
ツァーから離れフリーにしたはいいけど、足元の靴選びをどうしようかしら。

|

« Swiss 2017 4−3 フーリからツェルマットまで歩いてみた | トップページ | Swiss 2017 5−1 ブリエンツに向かう その1・フィスプまで »

コメント

ワイングラスの向こうにマッターホルン!なんておしゃれな1枚でしょう=額に収めてお部屋に飾りたいわ=

この日は私は溝口さんのガイドで野生のエーデルワイスを求めてハイキング^^「ありましたよ=!!」見つけたときの彼の純真な歓喜の雄叫びは忘れません^^。

その後、ゴルナグラート展望台へ!天気もよくご想像通りの景色!でハイキングでリッフェルゼー湖で綿すげと逆さマッターホルンを鑑賞、二重丸の1日でした

投稿: Kさん | 2017年8月 6日 (日) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2017 4−4 ツェルマットからマッターホルン:

« Swiss 2017 4−3 フーリからツェルマットまで歩いてみた | トップページ | Swiss 2017 5−1 ブリエンツに向かう その1・フィスプまで »