« Swiss 2017 3−4 ベリンツォーナの市庁舎、参事会教会 | トップページ | Swiss 2017 3−6 サースフェー »

2017年7月22日 (土)

Swiss 2017 3−5 サースフェーに向かう

22_141  22_142
バスは、標高2478mのヌフェネン峠(Nufenenpass)を越えるため、坂を登っていく。
フルカ峠(2429m)ではなくヌフェネン峠を越えるのは、何か理由があるのだろうか。

22_143  22_144
ヌフェネン峠で一休み。

22_145  22_146
中央のひときわ高い山がフィンスターアールホルン(4274m)、その手前に見えているのはミンスティガー氷河、右のお花の向こうに見える高い山がラウターアールホルン(4042m)とシュレックホルン(4078m)。

22_147  22_148
ここへ、自転車で登ってきますか。

22_149  22_150
私たちは、バスですが、それが何か?
十字架の立つ岩山に登る人が多かった。

22_161  22_162
バスは、ローヌ川が流れるローヌ谷を走る。
すると、滑走路や格納庫が見える。
軍用の飛行場だろうか。
普段の訓練、機体整備や燃料保管などは、どうしているのだろう。

22_163
そしてこのようなものも。
実用ではないだろう。

22_171  22_172
スイスに来てヤナギランはどこでも見たが、斜面に群生しているようだ。
道路に平行してマッターホルン・ゴッタルド鉄道があり、ときどき列車が通過する。
3年前、この路線を、クールから氷河急行でツェルマットに向かったのだった。

22_173  22_174
このあたりは、ラック式鉄道になっているようだ。
バスの前を、サイドカーのついたオートバイが走っていく。

22_175
そしてローヌ谷は、ワインの名産地なのである。

|

« Swiss 2017 3−4 ベリンツォーナの市庁舎、参事会教会 | トップページ | Swiss 2017 3−6 サースフェー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2017 3−5 サースフェーに向かう:

« Swiss 2017 3−4 ベリンツォーナの市庁舎、参事会教会 | トップページ | Swiss 2017 3−6 サースフェー »