« Swiss 2017 5−8 ヴェンゲンへ | トップページ | Swiss 2017 6−2 シルトホルン »

2017年7月25日 (火)

Swiss 2017 6−1 シルトホルンに上がる

25_001  25_002
強くはないし暗くもないが、雨、う~む、山の上はどうであろうか。

25_003  25_004
考えていてもしょうがないので、朝ごはんを食べに行く。

25_010_1  25_010_2
今日は、この図の右のほう、ヴェンゲンから谷を挟んだ反対側のシルトホルンを目指す。
ユングフラウヨッホに行こうかどうか悩んでいたKさんが、私たちと同行することになった。
ヴェンゲン駅の窓口で、「ヴェンゲンからロートホルンやミューレンをこう巡ってヴェンゲンに戻りたいんだ」と言って、ルンドカルテを購入した。

25_010_3  25_011
ルンドカルテのルートは、ヴェンゲンからWABでこの図の右下のラウターブルンネンに降り、ラウターブルンネンからポストバスで左下のステッヘルベルク(Stechelberg)のシルトホルンバーン・谷駅(Schilthornbahn, Talstation)へ行き、ロープウエイでギンメルヴァルト(Gimmelwald)経由でミューレン(Mürren)へ、ミューレンからビルク(Birg)経由でシルトホルン(Schilthorn)へあがる。
シルトホルンからミューレンに降りたあとは、登山電車でグリュッチアルプ(Grütschalp)へ行き、グリュッチアルプからロープウエイでラウターブルンネンに下りて、ヴェンゲンに帰ってくるルートである。

25_012  25_013
WABの8時33分発ラウターブルンネン行きに乗車する。

25_021  25_022
ラウターブルンネン駅には8時51分に到着し、地下道を抜けて駅前に出る。

25_023  25_024
駅前広場を挟んだ反対側にはラウターブルネン・ミューレン山岳鉄道(BLM)ロープウエイの乗り場があるが、ポストバスのバス停はロープウエイ乗り場の南側にあった。
バス停には誰もいなかったのだが、9時5分発のバスには次々に乗客が乗って出発した。

25_031  25_032
10分ほど走って、ステッヘルベルクの、ステッヘルベルク・ミューレン・シルトホルン・ロープウエイ(LSMS=Luftseilbahn Stechelberg-Mürren-Schilthorn)谷駅(標高867m)に到着した。
周囲の駐車場には、車やバスがたくさん駐車していた。

25_033  25_034
ロープウエイは9時25分に谷駅を出発した。

25_035  25_036
約5分で標高1367mのギンメルヴァルトにあがり、乗り換えになるが、すでにロープウエイのゴンドラは来ていた。

25_041  25_042
ギンメルヴァルトから標高1638mのミューレンまでも5分ほどである。

25_043  25_044
ミューレンではまた乗り換えなければならない。

25_045  25_046
ミューレン駅構内では、シルトホルンのレストランの様子が映されている。

25_047  25_051
ミューレンから標高2677mのビルクまで上がって来ると、外は雪である。
この辺りになると日本人はおらず、列に並ぶことを知らない中国人団体が乗客の9割方を占めているような様子だ。
ビルクでは次のケーブルカーにすぐには接続せずに待たされ、標高2970mのシルトホルン到着は10時を過ぎていた。

|

« Swiss 2017 5−8 ヴェンゲンへ | トップページ | Swiss 2017 6−2 シルトホルン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2017 6−1 シルトホルンに上がる:

« Swiss 2017 5−8 ヴェンゲンへ | トップページ | Swiss 2017 6−2 シルトホルン »