« Swiss 2017 6−1 シルトホルンに上がる | トップページ | Swiss 2017 6−3 ミューレン »

2017年7月25日 (火)

Swiss 2017 6−2 シルトホルン

25_052  25_053
シルトホルンの展望台は4層になっている。
外にも出ることができるが、雪なので、「Piz Gloria View」や「007 Walk of fame」は、パス。

25_054  25_061
まず向かうのは、ロープウエイ乗り場の1階上の「Bond World 007」である
なぜこんな場所に「Bond World 007」があるのかといえば、シルトホルンは1969年に公開された007映画シリーズ第6作「女王陛下の007」(On Her Majesty’s Secret Service)でスペクターの首領ブロフェルドの山荘としてロケ地となったのである。

25_062  25_063
入り口を入ると、各国の「女王陛下の007」のポスターが並んでいる。

25_064  25_065
奥には、映画に登場したヘリコプターが置かれている。

25_066  25_067
モニターには、展望台のシーンが映されている。

25_068  25_069
ボンドが乗ったボブスレーや、ロケ地のパネルがある。

25_070  25_071
赤電話で、Mからの指令を受ける。

25_072  25_073
スクリーンでも、展望台のシーンが映されている。

25_074  25_075
「女王陛下の007」は見ているが、シーンはかなり忘れてしまっている。

25_076  25_077
DVDを見てみようかな。

25_078
日本版のポスターもあった。

25_081  25_082
レストラン「ピッツ・グロリア」(Piz Gloria)にあがる。
テーブルの上にエーデルワイスがあったがドライにしてあるみたいだ。

25_083  25_084
このレストランは1時間で回転するのだが、外は吹雪で山は見えない。
「James Bond 007 Brunch」があったがシェアは不可なので、パス。

25_085  25_086
この場所もブルーシャン研究所の女性患者登場シーンや乱闘シーンに使われた。
テリー・サヴァラス演じるブロフェルドがテレサに殴られて転げおちる階段は、このレストランに上がる階段であった。

25_087
テラスのボンドは寒そうだ。

25_091  25_092
せっかくここまで来たのだから、テラスにだけは出てみよう。

25_093
ロープウエイも最初の鉄塔しか見えない。

25_101  25_111
トイレの男女表示は、ボンドとボンドガールである。
ボンドガールは立て込んでいたので、撮影できず。
水が流れてくるときに、テーマ曲も流れる。
ロープウエイ乗り場でも、007の映像が流れている。

25_121  25_122
ロープウエイは30分に一本の運行で、次の便は12時33分、あと11分待てと、待ち時間の表示も出ている。

|

« Swiss 2017 6−1 シルトホルンに上がる | トップページ | Swiss 2017 6−3 ミューレン »

コメント

そうそうそう!!
なかなかのテーマパークになってて外の景色が無理でも楽しめたのでした~。
あれっ007から指令を受けてる黒服美人はどちら様^^??
ココア美味しかったな。。でも気付け薬を入れなかったことが心残りだったのでした。。
エーデルワイスはへろへろの首と化してしまいましたが、ちゃんと花瓶にほかの造花にまみれて無事?に我が家に飾られてるのでした^^

投稿: Kさん | 2017年8月 3日 (木) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2017 6−2 シルトホルン:

« Swiss 2017 6−1 シルトホルンに上がる | トップページ | Swiss 2017 6−3 ミューレン »