« JAL工場見学 1 | トップページ | JAL工場見学 3 »

2017年7月 5日 (水)

JAL工場見学 2

30分ほど航空教室でお話を聞いたあと、いよいよ工場見学である。
教室から歩いて行き扉が開かれると、おお、そこは格納庫である。
格納庫3階から整備している機材を見下ろすことになる。

170705_301  170705_302
最初の格納庫で整備していたのは、B767-300(JA618J)と作業場に囲まれたB77の2機だった。
B767は国際線仕様でウィングレットが装着されているが、この翼は片方で5千万円するそうな。

170705_311  170705_312
格納庫の向こうのA滑走路をANA(B787、A321)機が離陸していく。

170705_321  170705_331
床には国内線用のファーストクラスの旧タイプのシートが並べられていた。
まだカバーがかかている新タイプに変更するところだろう。
渡り廊下をとおって第二格納庫に移動する。
渡り廊下の途中で、レーダーが回っているのが見えた。

第二格納庫では下に降りての見学になるので、赤いヘルメット着用となった。

170705_401  170705_402
第二格納庫に入ると、手前にB777-200(JA8979)、その奥にB737-800(JA344J)が見えた。

170705_411
階段を降りると三輪車が並んでいる。
職員の、格納庫内の移動用三輪自転車である。

170705_421  170705_422
B777-200(JA8979)がお尻を見せているので、APU(補助動力装置、Auxiliary Power Unit)の排気口の形状がよくわかる。

170705_423
この排気口は、B777とB767とを見分ける注目点の一つでもある。

170705_424  170705_425
うしろのほうから前のほうに進んで行く。
尾翼下部の形状がよくわかる。

170705_426  170705_427
B777を正面から見あげる。
操縦席の高さは、地上から10メートルぐらいになるのだろうか。

170705_428  170705_429
見学者たちと比べると、大きさが実感できる。
作業中の工程が表示されていた。

※アップする画像についてはJAL確認済み。

|

« JAL工場見学 1 | トップページ | JAL工場見学 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL工場見学 2:

« JAL工場見学 1 | トップページ | JAL工場見学 3 »