« 涙より美しいもの | トップページ | 小さな本の大きな世界 »

2017年5月14日 (日)

雪村さんとブリューゲルさん、そして神田祭

雪村-奇想の誕生-

東京藝術大学大学美術館で開催している「雪村-奇想の誕生-」に行ってまいりました。

170514_100  170514_105
遠くから見ていると特段「奇想」ではない作品であっても、近寄って細かく見ていくと、トンデモなシーンが描かれていたり、こんな表現をするのかと驚きます。

第1章 常陸時代 画僧として生きる
第2章 小田原・鎌倉滞在 独創的表現の確立
第3章 欧州滞在 雪村芸術の絶頂期
第4章 身近なものへの眼差し
第5章 三春時代 筆力衰えぬ晩年
テーマ展示 光琳が愛した雪村
第6章 雪村を継ぐ者たち

作品リスト
170514_111  170514_112

170514_101170514_102  170514_103170514_104
5月21日まで。
8月1日~9月3日、MIHO MUSEUMにて

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-

東京都美術館に移動し、「バベルの塔」展を見てまいりました。

170514_205
ウィーンでは、ブリューゲルの絵はいくつも見ていますが、ボイマンス美術館所蔵の「バベルの塔」は初めてです。
ウィーンのバベルの塔が114cm×155cm、一方ボイマンスのバベルの塔は60×75cmと、思ったより小さい作品でした。
ここに描かれた人の数は、1400人。

バベルの塔は最後に登場するので、謎っぽいフランドル絵画、そしてボスの作品もあるし、初めの方の作品に時間を取っていると、疲れた頃にお目にかかることになってしまいます。

I 16世紀ネーデルラントの彫刻 紀ネーデルラントの彫刻
II 信仰に仕えて
III ホラント地方の美術 ラント地方の美術 コルネリス・エンゲブレフツ、 エンゲブレフツ、ルカス・ファン・レイデン、ヤーコプ・コルネリスゾーン・ファン・オーストザーネン
IV 新たな画題へ
V 奇想の画家ヒエロニムス 想の画家ヒエロニムス・ボス
VI ボスのように描く
VII ブリューゲルの版画
VIII 「バベルの塔」へ

作品リスト
170514_207  170514_208

東京藝術大学COI拠点が協力した「バベルの塔」の約300%拡大複製画の展示や、3DCG動画上映も行われています。

大友克洋氏の『INSIDE BABEL』も、ホワイエで展示。

170514_209  170514_210
新聞全面広告

170514_206
6枚組ポストカード購入。

170514_201  170514_202  170514_203  170514_204

「Study of BABEL」展

行ったり来たりだが、ふたたび藝大へ。

170514_211
東京藝術大学大学音楽学部キャンパス内のArts & Science LAB.1Fエントランスギャラリーでの「Study of BABEL」展です。

170514_212  170514_213  170514_214  170514_215
なんと、バベルの塔が立体的に再現されています。

170514_216  170514_217  170514_218
細部も再現されています。

別室では、バベルの塔の夜の様子や塔に上っていく様子を、プロジェクターで投影しています。

170514_219  170514_220

神田祭

170514_300
今日は神輿宮入り。

170514_301
聖橋を渡ったら、こども神輿。

170514_311  170514_312  170514_313

170514_314  170514_315  170514_321

170514_322  170514_323  170514_331  170514_332

170514_341  170514_342  170514_343

170514_344  170514_345  170514_346

170514_347  170514_348  170514_349

170514_350  170514_351  170514_352
神田明神鳥居脇にて。

170514_361
聖橋から。

湯島聖堂
170514_401  170514_402  170514_403

170514_404  170514_405

かえりはLSEで。
170514_501  170514_502  170514_503

170514_504  170514_505  170514_506

|

« 涙より美しいもの | トップページ | 小さな本の大きな世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪村さんとブリューゲルさん、そして神田祭:

« 涙より美しいもの | トップページ | 小さな本の大きな世界 »