« ミュシャ展 | トップページ | たんぽぽのお酒 戯曲版 »

2017年4月 5日 (水)

「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」と横浜山手の桜

神奈川県立近代文学館で開催中の「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」に行ってまいりました。

MM線元町・中華街駅を降り、アメリカ山公園口を出て少し歩くと、横浜地方気象台があります。
170405_101  170405_102
横浜地方気象台庁舎は、平日は見学可能なので、入ってみました。
170405_103  170405_104
庁舎は昭和2年3月の竣工、壁は「人造石洗い出し」で、柱などにアールデコのデザインが見られます。
170405_105
方位を示しているエントランス広場。

170405_111  170405_112
中に入って玄関ホールから見る玄関扉や照明も、とても気象台の建物とは思えません。
170405_113  170405_114
元のプレートが展示されていたり、阿部式時計が置かれています。
170405_115  170405_116
玄関ホールと階段室との間のアーチ型の梁がなんとも言えぬ雰囲気を醸し出し、階段柱にも模様が施されています。
170405_117  170405_118
見事な階段の手すりの金具は、元されたものだそうです。
170405_119  170405_120
長年使われた階段であることが伝わってきます。
170405_121  170405_122
手すりの金具のデザインや天井の仕上げも、役所らしからぬものがあります。
170405_123_2  170405_123
旧応接室からは、外人墓地の桜が見えます。
170405_124
現在の観測棟である「みらい棟」への渡り廊下から、マリンタワーと氷川丸が見えます。
「みらい棟」での業務の様子も、見学可能です。

170405_131  170405_132
構内には、気象予報には欠かせない観測標本の「アジサイ」や「ソメイヨシノ」があります。
170405_133  170405_134
気象庁による横浜での桜の開花は、2017年は3月25日でした。
170405_135  170405_136
観測標本は、5分咲きといったところでしょうか。
170405_137
横浜地方気象台の観測機器が見えています。
気象台のどこかに下駄を飛ばす場所があるはずですが、見つけることはできませんでした。

港の見える丘公園を通り抜けます。
170405_201  170405_202
第33回全国都市緑化よこはまフェアが開催されていて、港の見える丘公園も会場の一つです。
170405_203  170405_204
U・W旗が見えます。
「コクリコ坂から」の記念スポットです。

170405_301  170405_302
正岡子規展は、神奈川近代文学館で開催中です。
170405_303
霧笛橋脇の桜は「芸亭の桜」、「芸亭」は、奈良時代末期の最古の図書館の名だそうです。
170405_304  170405_305
正岡子規展はは、第1部「明治の青年・子規」、第2部「子規庵から」、第3部「病牀六尺の宇宙」で構成されています。
様々な原稿や画が展示されてい興味深いのですが、近代文学館はあまり広くないので、ぎゅっと詰まった感じの展示でした。
子規の幼名が「升」「のぼる」なので、ベースボールを楽しんだ「のぼーる」から「野球」となったと言う話もあるが・・・。
「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」は、神奈川県立近代文学館で5月21日(日)まで。

山手を桜散歩してみます。
170405_401  170405_402
横浜山手聖公会。
170405_403

170405_411  170405_412
エリスマン邸、波打つガラスが麗しい。

170405_421  170405_422
山手80番館遺跡から元町公園へ。
170405_423  170405_424
元町公園には、フランス人ジェラールによる日本最初の西洋瓦とレンガの製造工場がありました。

170405_431  170405_432
真昼間からワイン、そして豚のグリル。
170405_433
最後は、ジェラート。
イタリアンダイニング&バル オイノス Oinos。

元町を歩いていたら、家具屋さんがあったので、覗いてみました。
10年以上使ってきたダイニング・テーブル、天板の塗装もはげてきているので、何とかしたいとの声も上がっています。
スタッフの方と、使っている木や製造について、あれこれお話を伺うことができました。

170405_441  170405_442
元町のニャンコに挨拶をして、ウチキパンでパン購入。

|

« ミュシャ展 | トップページ | たんぽぽのお酒 戯曲版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」と横浜山手の桜:

« ミュシャ展 | トップページ | たんぽぽのお酒 戯曲版 »