« ANA機体工場見学 1 | トップページ | ANA機体工場見学 3 »

2017年2月 1日 (水)

ANA機体工場見学 2

人数が多いので、20人ほどのグループごとに分かれて工場見学がはじまります。
170201_241  170201_242
水色にピンクの「ANA」のシールが貼られたヘルメットを受け取って、エレベーターで3階にあがり、連絡通路をとおって第一格納庫に入ります。

第一格納庫には、はじっこにA320の姿があるだけで、がら~んとしています。
170201_305  170201_306  170201_301
しかし、格納庫はでかい。
格納庫のサイズは幅230m、奥行き100m、高さ42m、東京ドームの1.8倍だそうで、ジャンボ機を含め同時に5機まで格納できるとのことです。
170201_304  170201_303
格納庫扉の向こうは34L滑走路、ときおり着陸する機体が見えます。
170201_307

階段で地上階に降り、第二格納庫に向かって歩いていきます。
170201_311  170201_312  170201_313
目の前に、独特のフォルムの787が見えてきます。
170201_314  170201_315  170201_316
この機体はBoeing 787-881、2012年8月の登録で、レジ番号はJA803Aです。
170201_317  170201_318  170201_319
走っていきたいのですが、じっと我慢して歩いて少しずつ近づいていきます。
170201_320  170201_321  170201_322
Boeing 787-8は、全長56.7m、全幅は60.1m。
170201_323  170201_324  170201_325
エンジンは、ロールスロイス製、ずいぶんずんぐりむっくりしたフォルムでです。
767よりやや大きく、777よりやや小さく、重さは219トン。
170201_326  170201_327  170201_328
エンジン後部のキザギザは、騒音軽減のためだそうです。
170201_329  170201_330  170201_331
搭乗するときには見ることのない主翼下部、主翼の独特の形状がわかります。
170201_332  170201_333  170201_334
高さは16.9m、手前に置かれているのは、エンジンの部品でしょう。
170201_335  170201_336  170201_337
奥にももう一機整備している機材が見えますが、型式などは分かりません。
この辺りから見ると、主翼の美しい独特のカーブがよくわかります。
なんか、ペンギンが水の中を泳いでいる姿を思い浮かべてしまいます。

170201_341  170201_342
ロールスロイス社製のエンジンは、ひとつ20億円だそうです。

170201_351  170201_352  170201_353
横にも787がいます。
作業場に囲まれていて、JA803Aとは異なる作業工程なのでしょう。
170201_354  170201_355  170201_356
赤く見えているところには、速度を計測するためのピトー管で、作業中に異物が入り込まないように袋が被されています。
機首が開けられて、中のレーダーが見えます。
170201_357  170201_358  170201_359
この機体はBoeing 787-881、2012年12月登録で、レジ番号はJA817Aです。
787のお尻も眺めることができました。

もっともっと見ていたいのだが、第一格納庫に移動しなければなりません。
170201_361
後ろに、ANA Cargo機が見えました。

画像は、ANAの確認・承認済み。
複写厳禁。

|

« ANA機体工場見学 1 | トップページ | ANA機体工場見学 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ANA機体工場見学 2:

« ANA機体工場見学 1 | トップページ | ANA機体工場見学 3 »