« 特別展「春日大社 千年の至宝」と「ティツィアーノとヴェネツィア派展」 | トップページ | 壬生義士伝 下 »

2017年2月 4日 (土)

上野から、日本橋川と隅田川経由で銀座へ

美術館を後にして駅に行く途中で、人だかりがしている。
170204_501  170204_502  170204_503  170204_504
覗いてみると、大道芸。
170204_505  170204_506  170204_507  170204_508
椅子を5段積み上げて逆立ちしたり、大きな風船を使ってパフォーマンスをしてみたり。
同行者は、御捻りを帽子へ。

上野から銀座線に乗ったら、レトロ車両だった。
170204_601  170204_602  170204_603
手すりや握り棒は真鍮のイメージだし、予備灯もついている。
170204_604  170204_605  170204_606
そして座席は緑。
前照灯は、おでこに1灯のはずだが、最後尾だと点灯していないのでよく分からないが、確かに1灯、尾灯もレトロっぽい。

三越前で降りて、島根のアンテナショップでお買い物。

銀座通りを歩いていこうと日本橋を渡ると、日本橋川に船が停泊していて、お客が乗り込もうとしている。
なんと、日本橋からクルーズ船が出ているのだ。
170204_700
あと5分ほどで出発ということで、乗ってみることにしてチケットを購入。
170204_701  170204_702 170204_703
すぐに出発して、日本橋をくぐり抜けてUターンし、再び日本橋をくぐる。
170204_704
橋脚のアーチが黒ずんでいるのは、関東大震災の時に被災した船が衝突したのだそうで、記憶のためにそのままにしてあるそうだ。
170204_705  170204_706  170204_707
隅田川に出て永代橋を後ろに川を上ると清洲橋である。
170204_708  170204_709  170204_710
清洲橋の向こうにスカイツリーを見ながらUターンし、今度は隅田川を下っていく。
170204_711  170204_712  170204_713
中央大橋にはパリ市から東京都へ寄贈されたオシップ・ザッキン作の「メッセンジャー」像が立っているが、端からは見えない。
お礼にセーヌ川には屋形船が贈られたそうだが、どうなっているのかわからないみたいだ。
170204_714  170204_715  170204_716
勝鬨橋の手前でUターンする。
勝鬨橋の向こうには、築地大橋が見えるが、豊洲市場との絡みで未開通。
船は、隅田川から水門をくぐり抜けて亀島川に入っていく。
170204_717  170204_718  170204_719
再び水門を抜けると、日本橋川に戻ってきた。
170204_720  170204_721
別の小さな遊覧船が出港していく。
日本橋川から三越をちらっと見上げることができる。
170204_722  170204_723
ということで、45分のクルーズ終了、ほかに60分クルーズなどもあるそうだ。

170204_801  170204_802
銀座1丁目のTAUは、広島のブランドショップ。
なかなか入手できなかった「この世界の片隅に」のロケ地マップが、なんと、平積み状態。
(撮影は許可を得ています)

ここで買ってきたのは、お酒二本。
170204_811
右から「千の福 味わいの純米吟醸」「千福もみじ吟醸」、そして左端は前に飲んだ「純米酒」。
170204_812
千の福 味わいの純米吟醸:青葉の帰還
170204_813
千福もみじ吟醸:草摘みすずさん
170204_814
純米酒:お絵描きすずさん

|

« 特別展「春日大社 千年の至宝」と「ティツィアーノとヴェネツィア派展」 | トップページ | 壬生義士伝 下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野から、日本橋川と隅田川経由で銀座へ:

« 特別展「春日大社 千年の至宝」と「ティツィアーノとヴェネツィア派展」 | トップページ | 壬生義士伝 下 »