« 美しい建築の写真集 喫茶編 | トップページ | ザ・フィルハーモニクス »

2016年12月 7日 (水)

房総バスツァー

房総をめぐるバスツァーに行ってきました。
集合場所を11時前に出発、湾岸を走ってアクアラインから房総に入ります。
161207_a01
出発時には雲が多かったけれど、海上出ると雲はなくなりました。
館山道を走って君津でおりた「四季の蔵」というところで、バスツァーらしくいきなりドライブイン休憩、出発から1時間半近く経過しているので、仕方ないですかね。

房総スカイラインを走って、亀山湖上流を通過して養老渓谷へ向かいます。
亀山湖から養老渓谷に抜ける道が、先日の雪で筒森トンネルの崩落のため通行不可、久留里経由とやや遠回りとなりました。

午後2時、養老渓谷に到着、中瀬遊歩道をぶらぶら歩きました。
紅葉はまだありましたが、渓谷ゆえ日照時間は短いのでしょう、真紅の木々はありませんでした。
161207_b01  161207_b02  161207_b03  161207_b04
平日の午後だというのに、けっこう人が歩いていますが、ほとんどバスツァーのみなさま。
ときおり、三脚を担いだ撮影者の姿もありました。
161207_b05  161207_b06  161207_b07  161207_b08
ところどころで、飛び石伝いに養老川を渡ります。
161207_b09  161207_b10  161207_b11
弘文洞は蕪来川が流れていた隧道でその上には道がありましたが、1979年に崩落してしまったそうです。
そういえば、中瀬遊歩道に向かときにトンネルをくぐるのですが、トンネルに入って少し進むと上下2つの出口が見えてきて、道は下をいくので上にはいくことができません。
161207_b12  161207_b13  161207_b14
これも崩落かと思いましたが、調べてみると、かつては上がトンネル出口だったのだけれども、1970年にトンネルの途中から下り坂にして新たな下の出口をつくって便を良くしたのだそうです。
161207_b15  161207_b16  161207_b17
もとのトンネルが「向山トンネル」、途中からの新たなトンネルが「共栄トンネル」だそうです。
161207_b18  161207_b19  161207_b20
タモリさんが喜びそうな、堆積岩が隆起したような養老渓谷です。
石橋山合戦で敗れた源頼朝公が再起を祈願した由来をもつ、養老山立國寺に向かう太鼓橋が見えます。
161207_b21
キャンプ場の建物や自動車道路沿いの旅館が廃業して廃墟化していたり、付近の山が荒れていたり、ちょっとねえ。。。的な思いをしてしまいました。
最盛期はライトアップされているようでもっと凄いのかしらん、でも、リピートはしなくていいかな。

3時過ぎ、養老渓谷をあとにして、、「東京ドイツ村」に向かいます。
161207_c01  161207_c02
4時を過ぎて、日暮れてきました。

ゲートをくぐってバスはゆるやかな丘陵をあがっていき、まもなく到着です。
161207_d01  161207_d02
バスを降りて、マルクト・プラッツに行ってみました。
161207_d03  161207_d04  161207_d05
4時半にイルミネーションが点灯、とりあえず乾杯をします。
プレッツェルはありましたが、塩はついていませんでした。
161207_d06  161207_d07  161207_d08
自転車をこぐとシャボン玉が噴き出る仕掛けがあって、シャボン玉にイルミネーションの光が映ります。
161207_d09  161207_d10  161207_d11
輸入ビールはありますが、レストランにはドイツめしは、ない模様です。
回廊は、なんだか、往年の「タイムトンネル」を思い出してしまいます。
161207_d12  161207_d13  161207_d14
そして、光の模様を上から見るとどうなっているのだろうと、観覧車から眺めてみることにしました。
161207_d15  161207_d16  161207_d17
観覧車は、到着したときにはまだ明るくて誰もいなかったのですが、このときは20分待ちの列ができていました。
上にあがっていくと、何かが描かれているみたいに見えます。
161207_d18  161207_d19  161207_d20
あしかがフラワーパークと江ノ島と、こことをあわせて、「関東三大イルミネーション」とされているそうです。
161207_d21  161207_d22  161207_d23
白い灯りは高速道路の橋脚ですが、下にいたのではわかりません。
161207_d24  161207_d25  161207_d26
この観覧車の直径は40m、プラターの観覧車の直径は61mです。
161207_d27  161207_d28

午後6時少し前に東京ドイツ村を出発し、姉崎袖ヶ浦ICから館山道に入り、アクアラインを通ってお台場へ向かいます。
湾岸多い南から有明までやや渋滞でしたが、1時間ほどの午後7時にお台場に到着しました。
161207_e01  161207_e02  161207_e03
左には品川、正面にはレインボーブリッジが見えます。
12月3日(土)から年1月3日(火)まで、レインボーブリッジはスペシャルライトアップ中です。
161207_e04  161207_e05  161207_e06
お台場から日の出桟橋を「クルーズ」ですが、出航まで時間があるので、そこいらを歩いて見ました。
屋形船もたくさん出ています。
161207_e07  161207_e08  161207_e09
おだいばビーチのそばには、おだいばメモリアルツリーが立っていて、ライトの色彩が変化していきます。
161207_e10  161207_e11  161207_e12

午後7時20分、あちこちに行っていたバスツァーのバスが集まってきて、貸切の海上バス「竜馬」が出航しました。
161207_f01  161207_f02
スペシャルライトアップのレインボーブリッジをくぐっていきます。
「竜馬」は、貸切だったので、通常よりも10分ほど長い「航海」で、日の出桟橋には8時頃の到着でした。
161207_f03  161207_f04
東京タワーが癒えてきます。
25日までは、東京タワーのライトアップが一旦消灯し30分後に再点灯されるまで、ハートマークが展望台品川側に表れます。
首都高でそばを走るときに見えます。

日の出桟橋を8時頃出て、到着が9時頃、移動がお任せで楽チンなのがバスツァーの良さでした。
もっとも、バスは窮屈でしたが。

|

« 美しい建築の写真集 喫茶編 | トップページ | ザ・フィルハーモニクス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 房総バスツァー:

« 美しい建築の写真集 喫茶編 | トップページ | ザ・フィルハーモニクス »