« 晩秋の長谷寺と光則寺 | トップページ | 明治初期日本の原風景と謎の少年写真家 »

2016年11月30日 (水)

旧朝香宮邸

旧朝香宮邸(現東京都庭園美術館)では、いま「アール・デコの花弁 旧朝香宮邸の室内空間」が開催されています。
12月25日(日)までの期間中は、本館(旧朝香宮邸)は月曜日から金曜日(祝日9/22、10/10、11/3、11/23、12/23をのぞく)、新館は会期中全日、それぞれ撮影写真撮影ができます。

161130_001
旧朝香宮邸正門

161130_002  161130_003  161130_004
旧朝香宮邸正面

161130_011  161130_012  161130_013
正面玄関床は大理石のモザイク貼り

161130_021  161130_022  161130_023  161130_024
正面玄関のルネ・ラリック作の、翼を広げる女性像のガラス・レリーフ

161130_031  161130_034  161130_032  161130_033
大広間奥から正面玄関を見る、そして大広間の大理石レリーフ「戯れる子供たち」、イヴォン=レオン・ブランショ作と照明

161130_041  161130_042
次室の屋内噴水「香水塔」は、アンリ・ラパン作、セーブル製磁器

161130_044  161130_043
屋内噴水「香水塔」上部、大客室から次室の屋内噴水「香水塔」を見る

161130_051  161130_052  161130_053  161130_054
大客室、北側扉上のタンパンは、レイモン・シュブ作、北側の扉はエッチングガラス、マックス・アングラン作

161130_055  161130_056
大客室天井の漆喰、シャンデリアはルネ・ラリック作

161130_061  161130_062  161130_063
庭を望む大食堂、大食堂壁面レリーフはイヴァン=レオン・ブランショ作、エッチングガラス扉はマックス・アングラン作

161130_064  161130_065  161130_066  161130_067
大食堂の椅子とテーブル、調度品とルネ・ラリック作の照明器具、大食堂のシャンデリア「パイナップルとざくろ」はルネ・ラリック作

161130_071  161130_072  161130_073
小食堂とその照明

161130_081  161130_082  161130_083
第一階段の装飾、表側と裏側から見る

161130_084  161130_085  161130_086
第一階段、装飾と踊り場

161130_091  161130_092
二階広間のテーブルと照明

161130_101  161130_111  161130_112
書斎、書斎机はアンリ・ラパン作、殿下居間のガラスケース、殿下寝室の照明

161130_131  161130_132
第一浴室とラジェーター

161130_141  161130_142  
妃殿下寝室、扉の向こうは妃殿下居間、妃殿下寝室の照明

161130_151  161130_152  161130_153  161130_161
妃殿下居間、妃殿下居間のバルコニーはモザイクタイル、姫宮居間

161130_192  161130_191
姫宮寝室前の照明

161130_171  161130_172  161130_173  161130_174
ベランダ、床は大理石

161130_181  161130_183  161130_182
北側ベランダ(北の間)、北側ベランダ(北の間)から廊下を見る

161130_184  161130_185
北側ベランダ(北の間)の床は布目タイル、腰壁はスクラッチタイル

161130_211  161130_212  161130_213  161130_221
第二階段、第二階段の装飾、廊下の丸窓、一階夫人便所の床、モザイクタイル

161130_231  161130_232
一階テラス

161130_241  161130_242  161130_243
旧朝香宮邸、庭園から見る、妃殿下居間のバルコニー

|

« 晩秋の長谷寺と光則寺 | トップページ | 明治初期日本の原風景と謎の少年写真家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧朝香宮邸:

« 晩秋の長谷寺と光則寺 | トップページ | 明治初期日本の原風景と謎の少年写真家 »