« 「思想の科学」私史 | トップページ | ソヴェト連邦 »

2016年10月25日 (火)

沈黙作戦 チリ・クーデターの内幕

160921_011  160921_012
「アジェンデ後のチリ」の、写真及び証言集である。
先日、映画「チリの闘い」を見たので、もう一度チリで何があったのかをふりかえっておきたいということで手にした。
ただし、本書の内容はクーデターの直後にまとめられたこともあり、現在における評価とは異なっている記述もある。

いま、沖縄の東村高江周辺の米軍北部訓練場でのヘリパッド建設をめぐって、建設に反対する住民たちに対する「弾圧」が連日繰り返されている。
これに対して、国境なき記者団(Reporters Sans Frontières/Reporters Without Borders:RSF)が「US military in Okinawa spy on journalists」という声明を出し、沖縄をめぐるジャーナリズムの状況に警鐘を鳴らしている。
訳文は、こちら。
この国での、政府の方針や政府の活動に反対する立場に対する攻撃は、反対する意見に対する反論や批判を超え、反対する意見の存在そのものを許さないというような不寛容さを感じてしまう。
こうしたことが当たり前であるかのごとき風潮、とりわけ2012年12月26日以後のこの国のありようは、43年前のチリでの出来事がこの国において起こりうるのではないかとの危惧を抱かざるをえないのである。
むろん、ただ危惧を抱いているだけではなく、これが杞憂であったと思えるように、できることはしていかなければならないのだが。

朝日新聞社/編
朝日新聞社

|

« 「思想の科学」私史 | トップページ | ソヴェト連邦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沈黙作戦 チリ・クーデターの内幕:

« 「思想の科学」私史 | トップページ | ソヴェト連邦 »