« チリの闘い | トップページ | 静岡で美術展ふたつ 「徳川の平和」と「ランス美術館展」 »

2016年9月18日 (日)

とぶ船(下)

160702_002
下巻での移動をまとめてみよう。
番号は、上巻に引き続き。
7 ファラオの墓(空間)
8 古代エジプト(時間)
9 ノルマン人がいたころのイングランド、マチルダを連れてくる(時間)
10 ノルマン人がいたころのイングランド、マチルダを送り返す(時間)
11 ロビン・フッドのイングランド(時間)
12 ジョン王や獅子王リチャードの時代、バビロン、スパルタ、ハンニバルの時代(時間)、どのような内容だったかは語られない
13 ピーターが船を買った店(空間)

上巻の北欧の神々の住むところに行ったときに、フレイから「未来には行けない」と言われていたのだが、マチルダやディッコンは未来に来る。
何の説明もないのだが、船を操るのはマチルダやディッコンではなくてピーターたちだからOKなのだろうか。

ヒルダ・ルイス/著
石井桃子/訳
岩波書店

|

« チリの闘い | トップページ | 静岡で美術展ふたつ 「徳川の平和」と「ランス美術館展」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とぶ船(下):

« チリの闘い | トップページ | 静岡で美術展ふたつ 「徳川の平和」と「ランス美術館展」 »