« 2 津和野まちあるき 乙女峠記念聖堂 | トップページ | 4 津和野から萩・石見空港へ »

2016年8月 2日 (火)

3 津和野まちあるき 至福の園へ十字架の道行き

160802_122
記念聖堂からこの道を600メートル歩いていくと、至福の園に至る。
1891年8月にビリヨン神父が建てた「至福の碑」の立つ場所を「至福の園」はと呼んでいるそうだ。
道を上がっていくのはいいのだが、誰もいないので、熊とかマムシが出てきたらどうしようと、ちょっと不安。
熊については、城址に上がるリフトが、熊が出るので運航を停止したばかりだし。
道の途中には、キリストの受難のレリーフのはめられた碑が建てられている。
160802_123  160802_124  160802_125
1 キリスト 死刑の宣告を受ける、2 キリスト 十字架を担う、3 キリスト 始めて倒れる 

160802_126  160802_127  160802_128
4 キリスト 母に会う、5 キリスト クレネのシモンに助けられる、6 キリスト 布で顔をぬぐう

160802_129  160802_130  160802_131
7 キリスト ふたたび倒れる、8 キリスト 婦人たちにことばをかける、9 キリスト みたび倒れる

160802_132  160802_133  160802_134
10 キリスト 衣服をはぎ取られる、11 キリスト 十字架にくぎづけられる、12 キリスト 十字架で息を引き取る

160802_135  160802_136
13 キリスト 十字架からおろされる 14 キリスト 墓に葬られる

160802_137
最後まで進むと、ピリヨン神父によって建てられた、「為義而被害者乃真福」と刻まれ十字架の立つ「至福の碑」がある。
160802_138  160802_139
手前にはなぜか地蔵堂があり、その横に「南無地蔵大菩薩」と彫られた、千人塚と呼ばれる、天保の大飢饉の犠牲者が埋葬されている石碑がある。
今、このエリアは、「至福の園」と呼ばれている。
ゴルゴダの丘の十字架の道行きも、かくの如し。
160802_140  160802_141
乙女峠記念聖堂まで戻ってきて、お御堂で献金して絵葉書をいただいてきた。
冬景色の絵葉書を見ていると、氷責めの池の厳しさを思ってしまう。

知人が教会に行ったときに、JCSの「The Last Supper」の曲が流れた話をしていた。
そのときの歌詞の一部が、以下である。
Wie die vielen Körner und die Trauben,
eins geworden nun las Brot und Wein,
lass uns alle, die wir an dich glauben,
eine Opfergabe als deine Kirche sein.
たくさんのぶどうのつぶ、小麦のつぶからワインとパンができたと書いてあったのが、ぶどうのつぶや小麦のつぶが一つづつでありながら集まって別のものになるのに、どうして人間は集まって新しいものになれないのだろう、つぶどうしが「お前はつぶの仲間ではない」と言い続けるのだろう、なんて事を考えてしまった。

歩いて駅に戻る。
坂を下り切ると駅のホームが見えるのだが、駅舎に直行できる道はなく、踏切まで大きく迂回しなければならない。
160802_151
駅の近くで氷をいただき、生き返った心地であった。

|

« 2 津和野まちあるき 乙女峠記念聖堂 | トップページ | 4 津和野から萩・石見空港へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3 津和野まちあるき 至福の園へ十字架の道行き:

« 2 津和野まちあるき 乙女峠記念聖堂 | トップページ | 4 津和野から萩・石見空港へ »