« フランスの起床ラッパ | トップページ | 日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち »

2016年7月24日 (日)

由比ヶ浜海岸から光明寺

まだ梅雨明け宣言が出ていないこの日、由比ヶ浜海岸から光明寺を回ってみました。

ひとしごと終わったあと、長谷のシーキャッスルにビールとお昼ごはんに参りました。
なんと、SEA CASTLEブランドのWeißbierがありました。
なにやらのイベントのために特注したそうで、お持ち帰りしたくてボトルがあるか聞いてみましたが、残念ながら無し。
したがって、なくなればおしまい。

お昼が済んで、海岸づたいに光明寺を目指します。
途中、由比ヶ浜の鎌倉海浜公園にたっている「ここに 鎌倉海濱院 鎌倉海濱ホテル ありき」の石碑は、「鎌倉同人会」創立100周年記念に立てられたそうです。
160724_101
海浜公園には、タンコロ107が保存されています。
160724_102  160724_103  160724_104
107は、1931年9月に新潟鐵工所で製造され1980年12月に廃車となりました。
160724_111
海水浴シーズン、沖には巡視船の姿もあります。

160724_201  160724_202  160724_203
光明寺の総門をくぐります。
総門は、明応4年(1495年)建立、寛永年間(1620年代)に再興され、いまは鎌倉市指定文化財です。
160724_204
総門の奥は、弘化4年(1847年)に再建された山門、そして山門の奥の大殿は元禄11年(1698年)の建立で、国指定重要文化財です。

160724_211  160724_212  160724_213
大殿に上がると記主庭園があり、大殿から開山堂への渡り廊下から記主庭園の蓮池と大聖閣をじっくり眺めることができます。
160724_214  160724_215  160724_216  160724_217
朝早く来ると、蓮の花が咲くときのポンという音が聞こえるのでしょう。
160724_218  160724_219  160724_220
けれども今はもう午後、ポンの音は聞こえません。
160724_221  160724_222  160724_223
蓮池に咲くのは、「錦蕊蓮」と奥のほうに古代蓮(大賀蓮)。
160724_224  160724_225  160724_226
蓮池では、鯉や亀が泳いだり甲羅干しをしていたり。
160724_231

160724_241  160724_242
御本尊は阿弥陀如来像、脇に脇士観音と勢至菩薩。

大殿南側には、三尊五祖の石庭があります。
160724_250  160724_251  160724_252
三尊とは、阿弥陀仏、観音菩薩、勢至菩薩、五祖は、釈尊、善導、法然、鎮西、記主の浄土宗五大祖師です。
160724_253  160724_254

光明寺山門と大殿。
160724_261  160724_262  160724_263

160724_264  160724_265  160724_266

160724_267  160724_268  160724_269  160724_271

160724_270  160724_272  160724_273  160724_274

光明寺

160724_301  160724_302  160724_303
光明寺から九品寺に向かいました。

おんめさまにて。
160724_401  160724_402  160724_403
ききょう、おみなえし、しゅうめいぎく
160724_404  160724_405  160724_406
いわふじ、いんどはまゆう、あじさい

160724_501  160724_511  160724_512
露西亜亭にて、蜥蜴は顔がかわいいとしばし爬虫類談義、そして豊島屋に立ち寄りました。
鳩サブローくんのカメラは、「HATON 810」です。

|

« フランスの起床ラッパ | トップページ | 日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 由比ヶ浜海岸から光明寺:

« フランスの起床ラッパ | トップページ | 日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち »