« 村野藤吾の建築-模型が語る豊饒な世界 | トップページ | 市民的不服従 政治理論のパラダイム転換 »

2015年8月12日 (水)

目黒区総合庁舎(元千代田生命本社ビル)

村野藤吾の建築-模型が語る豊饒な世界」展を開催中の目黒区美術館から、山手通りをぶらぶら歩いて、目黒区総合庁舎(元千代田生命本社ビル)に行ってまいりました。
150812_201  150812_202
ちょっと遠回りになりますが、南口玄関棟から入ることにしました。
150812_203  150812_204

玄関を入ると、エントランスホールです。
150812_211  150812_212  150812_213
エントランスホールは非対称で、天井には、作野旦平作の、四季のガラスモザイクがあります。
150812_221  150812_222  150812_223
左右の袖壁には、岩田藤七作の「ファースト・ワルキメデスの幻想」。

エントランスホールから本館に入ると、ゆるやかなカーブのらせん階段があります。
150812_231  150812_232  150812_233
このらせん階段は、中央の柱で吊られている「吊り階段』。
150812_234  150812_235  150812_236
らせん階段は、2階、3階(南口玄関のあるフロア)、4階をつないでいます。

目黒区総合庁舎の屋上には、「目黒十五庭」があります。
150812_241  150812_242  150812_243
「目黒十五庭」は、2007年にオープンしたそうです。
150812_244  150812_245
目黒区総合庁舎はアルミ鋳物のたて格子が包んでいますが、近くからよく見ることができます。

1階に下りると、中庭池があります。
150812_251  150812_252  150812_253
別館を見上げると、目黒区総合庁舎の「目」のようで、中庭池には、和室「しじゅうからの間」が見えます。
150812_261  150812_262  150812_263
「しじゅうからの間」は、誰でも入ることができます。
150812_264  150812_265  150812_266  150812_267
千代田生命本社ビル時代には、社員のためのクラブ活動に使われていたそうです。
天井は、藤と葭で編まれています。
また、茶庭と茶室もありますが、一般公開はしておらず、登録団体が使用できるそうです。
150812_271  150812_272

別館の妻壁の脚元のカーブが、いかにも藤吾さんらしい意匠。
150812_281  150812_282  150812_283  150812_291
南口玄関棟の総合案内で、パンフレット「目黒区総合庁舎 村野藤吾の建築意匠」をいただきました。
あわせて、「らせん階段を使ってウェディングはいかがですか」とお誘いもいただきました。
150812_292  150812_293

「目黒区総合庁舎における建築家村野藤吾氏の建築意匠概要」

帰りがけ、西村フルーツパーラーで「特選桃パフェ」。
150812_301
桃1個を使っているそうです。

|

« 村野藤吾の建築-模型が語る豊饒な世界 | トップページ | 市民的不服従 政治理論のパラダイム転換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目黒区総合庁舎(元千代田生命本社ビル):

« 村野藤吾の建築-模型が語る豊饒な世界 | トップページ | 市民的不服従 政治理論のパラダイム転換 »