« 山口小夜子 未来を着る人 | トップページ | トゥルン・ウント・タクシス その郵便と企業の歴史 »

2015年6月13日 (土)

海街diary

150613_001  150613_002
初日を見て来ました。
入りは・・・・・・3~40人くらいか。

思ったより期待はずれではなく、原作を損なうことなく、ていねいにつくられていた印象。
原作(第1巻)からカットされたエピソードも、当然ある。
朋章、坂下、椎名、ちょっとイメージが違うなあ。
せりふも説明的ではないので、原作を読んでいないと?なところもあるんじゃないか。

さて、どこが映っていたか。
1回しか見ていないので、何とも、ではあるが。

出だしの佳乃が朝帰りする海岸は、どこかしらん。
お葬式のために河鹿沢温泉への鉄道はわたらせ渓谷鐵道、河鹿沢温泉の旅館「あづまや」は、岩手県花巻市の鉛温泉藤三旅館とのこと。
しかし列車の表示には米坂線の「羽前椿」が見えたような。
すずの学校は坂の上の鎌倉市律御成中学校。
七里ケ浜のご飯やさんはどこかな、あのあたりで中には入らないからなあ。
江ノ電極楽寺駅、極楽寺。
幸の勤務先の「鎌倉市民病院」は、存在しない。
スーパーはDSニュー鎌万、果物屋は下馬の浜勇、いずれも実家の近所。
海猫食堂は藤沢の「文佐食堂」で撮影されたと。
藤沢では、サッカーの試合、信金窓口も撮影されたようだ。
課長と佳乃が乗った江の電は、極楽寺トンネルから長谷、和田塚を通っていった。
国道134号線、滑川交差点から長谷方面に歩いている。
海岸は材木座。
桜並木はどこだろう?
法要は極楽寺。
歩いているのは下馬ガードから御成の通りに抜けるところかしら。
課長と佳乃が座っているのは、材木座の豆腐川の海岸にある橋。
幸が江ノ電に乗るのは、和田塚か、先生はあのあたりに住んでいるのか。
幸と先生が座っている海岸は、稲村ケ崎のロンディーノの下。
極楽寺坂をのぼっていくが、それでは方向が逆だ。
花火、七里ケ浜を西に向かって歩いているということは、江ノ島の花火だったか。
だとしたら、信金の屋上から見えるとは思えないのだが。
すずと佳乃が極楽寺から電車に乗った方向(すずの中学校のある方向)にある信金だと、江ノ島の花火は見えない。
地蔵堂、成就院、なるほど極楽寺だ。
衣張山から叫ぶ。
二ノ宮のお葬式も、極楽寺。
最後は稲村ケ崎海岸、稲村ケ崎駅入口信吾の下あたりかしら。
山猫亭は、新逗子にあるカフェ、ここで出てくるしらすトーストは、段葛のある若宮大路近くの鎌倉キネマ堂で食べることができます。
納言志るこ店が撮影協力に名前を連ねていて、あれ、どこで出てたっけと思ったのであるが、ここでのシーンは、カットされたそうな。

こんなものがあるのか。

帰りにCherry blossomでカレーを食べて来た。
150613_003  150613_004
シーフードでもちくわでもなかったのだが。

|

« 山口小夜子 未来を着る人 | トップページ | トゥルン・ウント・タクシス その郵便と企業の歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海街diary:

« 山口小夜子 未来を着る人 | トップページ | トゥルン・ウント・タクシス その郵便と企業の歴史 »