« 大分と熊本 3 原尻の滝 | トップページ | 大分と熊本 1 岡城跡 »

2015年5月10日 (日)

大分と熊本 4 長湯温泉

県道46号線を戻り、R57~R442と走ると、すぐに県道209号線で山越えとなる。
前も後ろも車がおらず、対向車もほとんどいない。
やがて長湯温泉の上野屋旅館に到着、本日の大分空港からの走行距離は130kmであった。

宿に荷物を置き、温泉街の散歩に出てみた。
150510_241  150510_242  150510_243
長湯温泉・温泉療養文化館「御前湯」、ドイツ風の建物である。
そして芹川の鯉のぼり、長湯温泉の歴史を見ると、ドイツとはの因縁浅からぬものがあるようだ。
150510_244  150510_245  150510_246
なぜかBushaltestelleがあるが、1日に3本程度の本数しかない。
川沿いを歩くと、芹川の鯉のぼりとガニ湯本舗天風庵が見える。
150510_247  150510_248  150510_249
花の時期は、これからである。
そしてバートクロツィンゲンから輸入のワイン「フロインドシャフツ」が手元に来た。
こういう幟があれば、ついふらふらと行って、買ってしまうのであった。
見たところ、ただのコンビニ(Yショップ長湯/さとう酒店・くすりのさとう)であるが、中にワインセラーがある。
ラベルには日本語が書かれているのだが、ドイツの直輸入ワインとのことで、赤と白しかない。
バート・クロツィンゲンと姉妹温泉の縁があるそうで、旧直入町時代から始まり、現竹田市とバート・クロツィンゲン市は友好姉妹都市となっている。
「御前湯」玄関に、ドイツ語のプレートが4枚ほど立っていた。
それほど大きな街ではなく、大きな宿もない温泉地という印象である。
ゴールデンウィークを過ぎた時期なので、よけいにひっそりと感じたのかもしれない。

150510_301  150510_302  150510_303
宿のお献立/前菜、左の器はうどのきんぴら/御造り
150510_304  150510_305  150510_306
茶碗蒸し/しのぎはサーモンの炙り/県産ハーブ鶏すきやき
150510_307  150510_308  150510_309
揚げ物、魚は「えのは」(山女の類い)、そのうえにうど、よもぎ、かぼちゃ/山菜炊き込み御飯と汁物/デザート

本日の走行記録
12:16 1939 大分空港
12:37 1978 別府湾SA
13:05 1978 別府湾SA
13:35 2006 大分米良IC
14:25 2049 道の駅原尻の滝
15:01 2049 道の駅原尻の滝
15:32 2069 長津温泉 上野屋
計130km

|

« 大分と熊本 3 原尻の滝 | トップページ | 大分と熊本 1 岡城跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分と熊本 4 長湯温泉:

« 大分と熊本 3 原尻の滝 | トップページ | 大分と熊本 1 岡城跡 »