« 大分と熊本 4 長湯温泉 | トップページ | 大分と熊本 2 市内散策・その1 »

2015年5月11日 (月)

大分と熊本 1 岡城跡

朝のお散歩に出てみると、看板に「ドイツ観光村」という名称と距離が約1kmと書かれてあったので、ちょっと行ってみることにした。
だらだら坂をあがっていくと、自転車にのった中学生が「おはようございます」と追い越していく。
けれども、歩いても歩いても、それらしき看板はない。
あきらめて宿に戻って、朝ごはんにすることにした。
150511_001
田圃は田植えが済んだばかり。

きょうは竹田の散策である。
車で他車のまったくいない県道47号線を走って、9時すぎに豊後竹田駅に到着すると、09:12発の真っ赤なキハ185系別府発人吉行九州横断特急 1号(1071D)が発車していった。
観光協会に行き、お願いしておいたボランティア・ガイドさんと落ち合う。
リタイアしたおじさんであった。
車で岡城跡に向かい、駐車場に車を置くと、あとは歩きである。
150511_101  150511_102
岡城跡入り口、ここから石段を上がることになるが、途中から木の階段がつけられて登りやすくなっている。
岡城跡の石垣は、岩盤も利用している。
150511_103  150511_104
岡城跡、中央に立つのは箱根ユリである。
箱根ユリの謂れでは、岡藩第四代藩主中川久恒公が参勤交代の際に、鑑賞用、非常時の食料とするために持ち帰ったものだそうで、市の花だったときもあるようだ。
現在の市の花は、ミヤマキリシマ。
150511_105  150511_106  150511_107
西中仕切から見た石垣の高さは70mあるとかで、どうやってきおの山の上まで持ち上げたのか、気になるところだ。
石積みは、ぴったり合っている
150511_108  150511_109
二の丸跡に瀧廉太郎像が立ち、像のそばでガイドさんは「箱根八里」を唄う。
150511_110  150511_111  150511_112
二の丸跡から西中仕切の石垣を見る。
石垣の上には柵などはない
石垣の高さは、下からのびる木の頂点まである。
150511_113  150511_114  150511_115
荒城の月の碑のそばで、ガイドさんは「荒城の月」を唄う。
列石は、昔のガードレールがわりだったそうな。
150511_116  150511_117  150511_118
晴れていれば阿蘇が見えるはずだが、今日はだめだった。
近戸門跡を通って七曲がりを降りていく。
150511_119

|

« 大分と熊本 4 長湯温泉 | トップページ | 大分と熊本 2 市内散策・その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分と熊本 1 岡城跡:

« 大分と熊本 4 長湯温泉 | トップページ | 大分と熊本 2 市内散策・その1 »