« 大分と熊本 2 阿蘇くまもと空港 | トップページ | 大分と熊本 4 みぞか号のフライト »

2015年5月13日 (水)

大分と熊本 3 みぞか号に搭乗

KMJ -> ITMは、せっかくなので10時45分出発予定のAHX 801を利用することにしていた。
今回の大分と熊本のテーマは「廣瀬武夫と滝廉太郎と小泉八雲」であるが、自分自身にとっては「天草エアライン」になってしまうのである。
150513_401  150513_402  150513_403
搭乗口の7番に行くと、荷物の積み込みを行っていたが、中に見える白いスーツケースは、私たちのスーツケースだ。
150513_411  150513_412  150513_413
エプロンに降りて搭乗がはじまる。
胴体の親イルカが「みぞか」で、右エンジンが「かい君」、左エンジンが「はるちゃん」。
150513_414  150513_415  150513_421
エンジンはプラット・アンド・ホイットニー・カナダ社製PW120(2,000馬力)、4Eの座席につくと、目の前に「かい君」。
150513_422  150513_423  150513_424
キャビンアテンダントさんは1人、搭乗率は50%くらいか。
150513_425  150513_426  150513_427
全員の搭乗が終わり、ドアが閉じられ、「かい君」のプロペラが回転しはじめる。
エンジンルームから出ている車輪、タイヤは以外に小さい。

|

« 大分と熊本 2 阿蘇くまもと空港 | トップページ | 大分と熊本 4 みぞか号のフライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分と熊本 3 みぞか号に搭乗:

« 大分と熊本 2 阿蘇くまもと空港 | トップページ | 大分と熊本 4 みぞか号のフライト »