« 大分と熊本 3 みぞか号に搭乗 | トップページ | 大分と熊本 5 伊丹空港 »

2015年5月13日 (水)

大分と熊本 4 みぞか号のフライト

150513_428  150513_429  150513_430
定刻となり出発、25滑走路を離陸する。
九州の山なみの上空を飛行している間に、「イルカのたまご」が配られた。
150513_431  150513_432  150513_433
豊後水道の上空を飛行している間に、「みかんちゃん」が配られた。
間もなく宇和島の南上空、半島の手前が内海湾、向こう側が宿毛湾である。
150513_434  150513_435
クリアファイルに入った手書きの機内誌、つらつら眺めていたら、あった、当然、買います。
クレジットカードは使えず現金のみ。
飛行機を買ったときに、CAさんとあれこれ歓談、熊本から東京に帰るのに、わざわざ天草エアラインを選択したのだと言ったら、とても喜んでくれた。
150513_436  150513_437  150513_438
高知海岸を見おろして飛び、やがて奥のほうには室戸岬の上空となる。
150513_439  150513_440
紀伊水道を飛ぶと、半島の向こうに御坊市が見える。
150513_441  150513_442
伊丹空港23番ゲートに、12時15分着の予定が少し早く到着し、「かい君」が停止した。
150513_443  150513_451
あ、そのスーツケース、私たちのなんですが、ここから持っていってはいけないのでしょうね。
150513_452  150513_453
「みぞか」号は、2015年度中の正式退役し、ATR 42-600(JA01AM)が導入される予定。
2015年8月下旬から2016年1月頃まで訓練飛行が行われることになっている。

150513_461  150513_462  150513_463
「みぞか」号は、12時50分に熊本に向かって飛んでいった。
150513_464  150513_465

|

« 大分と熊本 3 みぞか号に搭乗 | トップページ | 大分と熊本 5 伊丹空港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分と熊本 4 みぞか号のフライト:

« 大分と熊本 3 みぞか号に搭乗 | トップページ | 大分と熊本 5 伊丹空港 »