« German Democratic Republic and its counties | トップページ | ルーヴル美術館展 »

2015年3月 9日 (月)

ドイツ俘虜の郵便

141206_004
とんでもないものを見つけてしまった。
もともとは、ドイツの郵便趣味のオークションの資料として書かれたのだろうか。

捕虜の郵便については、現在の日本においても定めがある。
「内国郵便約款」及び「国際郵便約款」中「料金表」の「通則」に、以下のとおり定められている。

内国郵便約款
料金表
通則
1 (略)
2 (略)
(料金の免除)
3 当社は、法第11条の規定に基づきその規定によることとされる捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(昭和28年条約第25号)第5条第2項、第33条第1項、第74条第2項及び第124条並びに戦時における文民の保護に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(昭和28年条約第26号)第141条の規定によるべき場合は、この料金表に規定する料金を免除します。

国際郵便約款
料金表
通則
1 (略)
2 (略)
(料金の免除)
3 当社は、法第11条の規定に基づきその規定によることとされる捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(昭和28年条約第25号)第5条第2項、第33条第1項、第74条第2項及び第124条、戦時における文民の保護に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(昭和28年条約第26号)第110条第2項及び第141条並びに万国郵便条約第7条2の規定によるべき場合は、この料金表に規定する料金を免除します。なお、対象となる郵便物が航空扱いとするものである場合は、この料金表に規定する航空扱いとするものの料金の額と船便扱いとするものの料金の額との差額を、SAL扱いとするものである場合は、この料金表に規定するSAL扱いとするものの料金の額と船便扱いとするものの料金の額との差額を支払っていただきます。

原文は、↓。

興味深いのは、この規定は、「武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律」(平成16年法律第117号)に基づいて変更されたことである。
詳細は、以下を参照

第一次世界大戦当時では、1907年10月18日にオランダのハーグで調印された「陸戰ノ法規慣例ニ關スル條約」(陸戦条約)と1929年7月27日にスイスのジュネーブで調印された「俘虜ノ待遇ニ關スル條約」(俘虜待遇条約)があり、日本は両条約に署名しているが、批准したのは陸戦条約のみである。
また、逓信省が日露戦争時に制定した「俘虜郵便規則」(1904年)、「俘虜郵便取扱規程」がある。
これらのなかで、第一次世界大戦におけるドイツ俘虜の郵便についてどのような扱いになっていたのかは、調べてみないとわからない。

1929年ジュネーブ捕虜条約(俘虜の待遇に関する千九百二十九年七月二十七日の条約)より
Convention relative to the Treatment of Prisoners of War Geneva, 27 July 1929.

SECTION IV
RELATIONS OF PRISONERS OF WAR WITH THE EXTERIOR

Art. 35. On the commencement of hostilities, belligerents shall publish the measures prescribed for the execution of the provisions of the present section.

Art. 36. Each of the belligerents shall fix periodically the number of letters and postcards which prisoners of war of different categories shall be permitted to send per month, and shall notify that number to the other belligerent. These letters and cards shall be sent by post by the shortest route. They may not be delayed or withheld for disciplinary motives.
Not later than one week after his arrival in camp, and similarly in case of sickness, each prisoner shall be enabled to send a postcard to his family informing them of his capture and the state of his health. The said postcards shall be forwarded as quickly as possible and shall not be delayed in any manner.
As a general rule, the correspondence of prisoners shall be written in their native language. Belligerents may authorize correspondence in other languages.

Art. 37. Prisoners of war shall be authorized to receive individually postal parcels containing foodstuffs and other articles intended for consumption or clothing. The parcels shall be delivered to the addressees and a receipt given.

Art. 38. Letters and remittances of money or valuables, as well as postal parcels addressed to prisoners of war, or despatched by them, either directly or through the intermediary of the information bureaux mentioned in Article 77, shall be exempt from all postal charges in the countries of origin and destination and in the countries through which they pass.
Presents and relief in kind intended for prisoners of war shall also be exempt from all import or other duties, as well as any charges for carriage on railways operated by the State.
Prisoners may, in cases of recognized urgency, be authorized to send telegrams on payment of the usual charges.

Art. 39. Prisoners of war shall be permitted to receive individually consignments of books which may be subject to censorship.
Representatives of the protecting Powers and of duly recognized and authorized relief societies may send works and collections of books to the libraries of prisoners, camps. The transmission of such consignments to libraries may not be delayed under pretext of difficulties of censorship.

Art. 40. The censoring of correspondence shall be accomplished as quickly as possible. The examination of postal parcels shall, moreover, be effected under such conditions as will ensure the preservation of any foodstuffs which they may contain, and, if possible, be done in the presence of the addressee or of a representative duly recognized by him.
Any prohibition of correspondence ordered by the belligerents, for military or political reasons, shall only be of a temporary character and shall also be for as brief a time as possible.

Art. 41. Belligerents shall accord all facilities for the transmission of documents destined for prisoners of war or signed by them, in particular powers of attorney and wills.
They shall take the necessary measures to secure, in case of need, the legalisation of signatures of prisoners.

第四款 俘虜ト外部トノ連絡
第三十五條 戰爭開始後直ニ交戰者ハ本款ノ規定ノ實施ニ關シ定メラレタル措置ヲ公表スヘシ
第三十六條 各交戰者ハ各種類ノ俘虜カ一月内ニ發送スルコトヲ許サルヘキ信書及郵便葉書ノ数ヲ定期ニ定メ之ヲ他ノ交戰者ニ通告スヘシ該信書及葉書ハ郵便ニ依リ最短路ニ従ヒ送付セラルヘシ
 懲罰的理由ヲ以テ此等郵便物ヲ延著セシメ又ハ抑留スルコトヲ得ザルヘシ
 各俘虜ハ收容所到著後遅クモ一週聞以内ニ及病氣ノ場合ニ同様ニ其ノ家族ニ宛テ捕獲及健康状態ヲ報知スル爲螂便葉書ヲ發迭スルコトヲ許サルヘシ該郵便葉書ハ成ルヘク速ニ送付セラルヘク且何等ノ方法ヲ以テスルヲ問ハス遲滯セラルルコトナカルヘシ
 通則トシテ俘虜ノ通信ハ其ノ母国語ヲ以テ書カルヘシ交戰者ハ他国語ニ依ル通信ヲ許スコトヲ得ヘシ
第三十七條 俘虜ハ其ノ食用又ハ被服ニ供スル爲ノ食料品及其ノ他ノ物品ヲ含ム小包郵便物ヲ個人的ニ受領スルコトヲ許サルヘシ小包ハ受取證ト引換ニ名宛人ニ交付セラルヘシ
第三十八條 直接又ハ第七十七條ニ規定スル情報局ヲ通シテ俘虜ニ宛テラレ又ハ其ノ發シクル信書、金錢又ハ有償物ノ送付及小包郵便物ハ差出國、名宛国及通過國ニ於テ一切ノ郵便料金ヲ免除セラルヘシ同様ニ俘虜ニ宛テタル贈與品及救恤品ハ輸入税其ノ他ノ諸税及國有鐡道ノ運賃ヲ免除セラルヘシ
 俘虜ハ承認セラレタル急用ノ場合ニハ通常ノ料金ヲ支拂ヒテ電信ヲ發スルコトヲ許サルヘン
第三十九條 俘虜ハ個人的ニ書籍ノ送付ヲ受クルコトヲ許サルヘク該書籍ハ検閲セラルルコトヲ得ヘシ保護国及公認救恤團體ノ代表者ハ俘虜收容所ノ圖書室ニ著作物及書籍集ヲ送付スルコトヲ得ヘシ檢閲ノ困難ヲ理由トシテ該送付物ヲ圖書室ニ交付スルヲ遅延セシムルコトヲ得サルヘシ
 終ヘタル後他ノ俘虜ト異ナル待遇ヲ受クルコトナカルヘシ
 尤モ逃走ノ企ニ依リ罰セラレタル俘虜ハ特別ノ監視ノ下ニ置カルルコトヲ得ヘシ但シ該監視ハ本條約ニ依リ俘虜ニ興ヘラルル保障ヲ何等除去スルコトヲ得サルヘシ
第四十條 通信ノ檢閲ハ成ルヘク速ニ爲サルヘシ尚小包郵便物ノ監督ハ小包ノ包含スルコトアルヘキ食料品ノ保存ヲ確保スルニ適スル條件ノ下ニ且出來得レハ名宛人又ハ名宛人ニ依リ正當ニ認メラレタル信任者ノ面前ニ於テ爲サルヘシ
 軍事上又ハ政治上ノ理由ニ依リ交戰者ノ發令スル通信ノ禁止ハ一時的ノ性質ノミヲ有シ得ヘク且出來得ル限リ短期間タルヘシ
第四十一條 交戰者ハ俘虜ニ宛テラレ又ハ其ノ署名シタル證書、文書又ハ記録特ニ委任状及遺言状ノ迭達ニ一切ノ便宜ヲ與フヘシ
 交戰者ハ必要アル場合ニハ俘虜ノ爲セル署名ノ公證ヲ確保スルニ必要ナル措置ヲ執ルヘシ

第1章 青野原収容所(AONOGAHARA CAMP)
第2章 浅草収容所(ASAKUSA CAMP)
第3章 板東収容所(BANDO CAMP)
第4章 福岡収容所(FUKUOKA CAMP)
第5章 姫路収容所(HIMEJI CAMP)
第6章 高良内収容所(KORADAY CAMP)
第7章 熊本収容所(KUMAMOTO CAMP)
第8章 久留米寺院収容所(KURUME TEMPLE CAMP)
第9章 久留米バラック収容所(KURUME BARACK CAMP)
第10章 丸亀収容所(MARUGAME CAMP)
第11章 松山収容所(MATSUYAMA CAMP)
第12章 名古屋収容所(NAGOYA CAMP)
第13章 習志野収容所(NARASHINO CAMP)
第14章 似ノ島収容所(NINOSHIMA CAMP)
第15章 大分収容所(OITA CAMP)
第16章 大阪収容所(OSAKA CAMP)
第17章 静岡収容所(SHIDZUOKA CAMP)
第18章 徳島収容所(TOKUSHIMA CAMP)
参考文献
評価

H. Rufer、W.Rungas/著
吉田景保/訳
鳴海

|

« German Democratic Republic and its counties | トップページ | ルーヴル美術館展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ俘虜の郵便:

« German Democratic Republic and its counties | トップページ | ルーヴル美術館展 »