« 夕暮れの興福寺 | トップページ | 室生寺 五重塔~奥の院 »

2014年11月 4日 (火)

室生寺 仁王門~本堂(潅頂堂)

予約してあったレンタカーで、午前8時25分、室生寺に向けて出発。
予想では1時間で到着するだろうと踏んでいたのだが、カーナビはなぜか1時間50分とのたまう。
R169を南下、天理インターから名阪国道に入ると、カーナビの到着予想時刻はどんどん短縮されていく。
針インターからR399、県道28を走って、室生寺到着が9時20分、予想通りの所要時間であった。

県道沿いの駐車場に車を止め、太鼓橋を渡ると宀一山(いちべんさん)室生寺境内に入る。
141104_101  141104_102 141104_103
紅葉にはまだ早そうだが、ところどころ色づき始めている。
141104_104  141104_105
あと10日ほどで見ごろになるのだろうか。
141104_106  141104_107
仁王門を抜ける。
141104_108

バン字池から「鎧坂」の石段をあがると、柿葺(こけらぶき)の金堂(国宝)である。
141104_109  141104_110 141104_111
11月1日(土)から12月14日(日)まで、金堂の中尊釈迦如来像(国宝)、その右に薬師如来像(重文)と地蔵菩薩像(重文)、左に文殊菩薩像(重文)と十一面観音像(国宝)、そして、十二神将(重文)が特別拝観できるので、入ってみる。
特別拝観は入山料とは別料金であるが、記念品としてチケットケースをいただいた。
141104_112  141104_113
釈迦如来像の背後には、板絵の帝釈天曼荼羅(国宝)が少し見える。

金堂から石段あがると、如意輪観音菩薩像がいらっしゃる本堂(潅頂堂)である。
141104_114  141104_115
本堂の近くに、後醍醐天皇なきあと、後村上天皇を擁して南朝で権勢を誇った北畠親房の墓といわれる五輪塔がある。
141104_116  141104_118

|

« 夕暮れの興福寺 | トップページ | 室生寺 五重塔~奥の院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 室生寺 仁王門~本堂(潅頂堂):

« 夕暮れの興福寺 | トップページ | 室生寺 五重塔~奥の院 »