« Swiss 2014 (8) ゴルナーグラート鉄道 | トップページ | Swiss 2014 (10) ローテンボーデン〜リッフェルベルク »

2014年8月29日 (金)

Swiss 2014 (9) ゴルナーグラート

ゴルナーグラート駅(Gornergrat)に到着し電車を降りると、目の前にマッターホルン、しかし頂は雲の中である。
140829_038  140829_042
ゴルナーグラート駅にはセントバーナードがいて、観光客といっしょの記念写真を撮るお仕事をしていたが、一段落すると遊んでいた。
140829_043  140829_044
ゴルナーグラートからあちこちに向かうハイキング・コースがあり、標識から所要時間と難易度がわかる。
140829_045

ゴルナーグラート展望台に行くと、目の前にゴルナー氷河(Gorner Glacier)と東南方向から南方向にかけてモンテローザ(Monte Rosa、4,634m)、リスカム(Lyskamm、4,527m)、ブライトホルン(Breithorn、4,160m)が見える。
140829_051  140829_052
さらに南から西の方向を見て行くと、氷河や雪に覆われた山々が連なっている。
140829_053  140829_054
そして、天文施設を備えた3100クルムホテル・ゴルナーグラートが建っている。
140829_055
展望台には案内板もあるので、山の名前がわかる。
140829_056  140829_057
ゴルナーグラート展望台まで日本人団体を引率してきた添乗のおにーさんは、街中のジャケットのいでたちで、日本人山ガイドが団体に付いて降りていったあと姿を見なくなったところを見ると、おにーさんは電車で下山かしら。

山の風景は刻々変わり、見ていて飽きない。
3100クルムホテル・ゴルナーグラートのテラスのカフェでハイセショコラーデをいただくことにした。
140829_058  140829_059  140829_061
ゴルナーグラートでは日本団体8割、中国団体1割、欧米人0.5割、日本個人0.5割というような感じである、数えたわけではないけれど。
ハイキングになると、中国人団体はいなくなった。
ホテルの脇に小さな礼拝堂があるので入り、CHF1でろうそくに火をともしておいた。
140829_062  140829_063

|

« Swiss 2014 (8) ゴルナーグラート鉄道 | トップページ | Swiss 2014 (10) ローテンボーデン〜リッフェルベルク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2014 (9) ゴルナーグラート:

« Swiss 2014 (8) ゴルナーグラート鉄道 | トップページ | Swiss 2014 (10) ローテンボーデン〜リッフェルベルク »