« Swiss 2014 (5) 氷河急行 クール〜ディセンティス | トップページ | Swiss 2014 (7) ツェルマット到着 »

2014年8月28日 (木)

Swiss 2014 (6) 氷河急行 ディセンティス〜ツェルマット

ディセンティス駅(ロマンシュ語のムステル(Mustér)も表記されている)を出発、窓の外には牛、いかにもスイスである。
140828_053  140828_054

クールで日本語で声をかけてきた謎の日本女性が同乗しているので、せっかくだからと誘ってバーに行ってみたが、残念ながら早くも店じまい、同席してワインでも飲みましょうということになった。
140828_055  140828_056
この女性、ユースホステルなどを使ってスイスを移動しているようで、話を聞いたら同じ保健衛生業界の人で、学会も同じところと関係していた方だった。
140828_057  140828_058

この日の氷河急行は定員の半分も乗っていなおらず、席の移動も勝手気侭であった。
140828_059
ざっと見たり聞こえてきた会話によれば、乗車している客は英語圏が多いようで、日本人は団体が少なくとも2組(1組は1等、あとは2等)、個人客も数名程度。
140828_060

GEX903は標高2,033mのオーバーアルプ峠(Oberalppass)を越え、眼下にアンデルマット(Andermatt)の町を見おろす。
140828_061  140828_062
このあたりは、全長15 kmのゴッタルド鉄道トンネル(Gotthardtunne)がウーリ州ゲシェネン(Göschenen)とティチーノ州アイロロ(Airolo)を結んでいる(1882年運用開始)が、さらに東寄りにゴッタルド基底トンネル(Gotthard-Basistunnel、全長は57km)が建設中である。
アンデルマットの駅が見え、氷河急行は急勾配を下って標高1,435mの駅に到着する。
140828_063  140828_064
アンデルマットではSBB路線と接続する。
窓の外にはワイン畑も見えているが、大規模ではない。
140828_065  140828_066

ブリークを過ぎると、最大勾配は125‰になるので、最後尾で観察することにした。
140828_067  140828_068
マッター谷に沿って高度を上げて行く。
140828_069  140828_070
1991年のランダの大規模な崖崩れを見ながら、クールを11:27に出たGEX903は、17:00、標高1,604mのツェルマット(Zermatt)に到着。
140828_071  140828_072

|

« Swiss 2014 (5) 氷河急行 クール〜ディセンティス | トップページ | Swiss 2014 (7) ツェルマット到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Swiss 2014 (6) 氷河急行 ディセンティス〜ツェルマット:

« Swiss 2014 (5) 氷河急行 クール〜ディセンティス | トップページ | Swiss 2014 (7) ツェルマット到着 »