« Benelux2014 (4) ハイデルベルク(Heidelberg) | トップページ | Benelux2014 (6) ルクセンブルク(Stad Lëtzebuerg) »

2014年4月11日 (金)

Benelux2014 (5) ハイデルベルク(Heidelberg)~ルクセンブルク(Stad Lëtzebuerg)

バスは一般道からアウトバーンA6にあがり、走る。
11_0901
サービスエリアで休憩、ラドラーがあったので買って飲みながら、他の人たちにも勧めてみたら、こわごわと試していた。
11_0902
A6からA8を走り、やがて独盧国境を越えた。

1時半着、ルクセンブルクに到着し、バスを降りてレストラン「Le Nobilis Petrusse」へ行く。
11_1001  11_1002
ベルギーの白ワインをいただき、シュリンプと野菜のスープ、メインはチキングリル、芋と温野菜、そしてデザートはチョコレートのムース。
11_1003  11_1004
レストランのウエイターの仏語がわからなくて、返す言葉も出て来ず、独語を言ってしまったりする。

食事を済ませたら、ペトリュス渓谷(Petrusse)に架かる高架橋(Passerelle)を渡って旧市街に向かって歩いていくと、高低差のある街だが思ったより都会である。
11_1101  11_1102

ペトリュス渓谷に面したノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame)に入る。
11_1201  11_1202
入口を入ったところでガイドさんから説明を聴いてから、中にすすんだ。
11_1203  11_1204  11_1205
ノートルダム大聖堂は、イエズス会修道士のジャン・ドゥ・ブロークによって17世紀に建築された。
11_1206  11_1207  11_1208
1953年4月9日にルクセンブルクの大公世子ジャン(Jean Benoît Guillaume Robert Antoine Louis Marie Adolphe Marc d'Aviano、ジャン・ブノワ・ギヨーム・ロベール・アントワーヌ・ルイ・マリー・アドルフ・マルク・ダヴィアーノ)とベルギー国王レオポルド3世の長女ジョゼフィーヌ・シャルロット王女との婚礼が行われたのが、この大聖堂である。
11_1209  11_1210
この大聖堂には、憲法広場側とノートルダム通り側とに、それぞれ出入り口がある。
11_1211  11_1212
大聖堂から出るときは、ノートルダム通り側の出入り口から出たが、木の扉と彫刻が見事である。
11_1301  11_1302

|

« Benelux2014 (4) ハイデルベルク(Heidelberg) | トップページ | Benelux2014 (6) ルクセンブルク(Stad Lëtzebuerg) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Benelux2014 (5) ハイデルベルク(Heidelberg)~ルクセンブルク(Stad Lëtzebuerg):

« Benelux2014 (4) ハイデルベルク(Heidelberg) | トップページ | Benelux2014 (6) ルクセンブルク(Stad Lëtzebuerg) »