« Benelux2014 (34) アムステルダム(Amsterdam)~ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans) | トップページ | Benelux2014 (36) アウグストゥスブルク宮殿(Schloss Augustusburg) »

2014年4月17日 (木)

Benelux2014 (35) クレラー・ミュラー美術館(Kröller Müller Museum)

クレラー・ミュラー美術館(Kröller Müller Museum)に、10時45分到着。
17_0301a
今は国立公園になっている、15キロX8キロの一帯は元ミュラーさんの狩猟場で、その中にコントン・クレラー・ミュラー氏と、ヘレン・クレラー・ミュラー夫人のコレクションを基に1938年に開設された。
17_0301b  17_0301c 17_0301d  
オランダ生まれマタ・ハリ(Mata Hari)を描いた絵もある。
17_0302  17_0303

ゴッホの絵が集められていて、時代の変遷とともに画風が変わるのがわかるように展示されている。
17_0311  17_0312
ミレーの模写がある。
17_0313  17_0314
「プロヴァンスの積みわら」は、ゴッホらしさが出てきているようだ。
17_0315  17_0316
「4本のひまわり」(Vier uitgebloeide zonnebloemen)。
17_0317  17_0318
「アルルの跳ね橋」(Brug te arles)。
17_0319  17_0320
「夜のカフェテラス」(Caf?terras bij nacht)
17_0321  17_0322
ゴッホはミレーをいたく尊敬していたようで、ミレーの絵は何度も模写しているようだ。
17_0323  17_0324
「ジョゼフ・ジヌーの肖像」(Portret van een man)。
17_0325  17_0326  17_0327
しだいに病気の影響が出て来る。
17_0328
「悲しむ老人」「小麦畑と太陽と刈るひと」。
17_0329  17_0330
「Olijfgaard met twee plukkers」(「オリーブ園とふたりの摘み人」?)と「Les Peiroulets Ravine」
17_0331  17_0332

お昼は美術館内のカフェでアッペルフラッペン(Appelflappen)とスプーンが立つトマトスープ。
17_0341  17_0342  17_0343
そして庭を散策。
17_0344  17_0345
デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園は5500ha、入口から美術館まで10kmあるそうで、公園の入口で自転車を貸してくれる。
17_0351  17_0352  17_0353
庭には彫刻が置かれ、彫刻の森美術館のモデルとなった。
17_0354  17_0355  17_0361
12時45分、出発。

高速道路は渋滞、自動車とバイクが衝突したようだ。
17_0401  17_0402

|

« Benelux2014 (34) アムステルダム(Amsterdam)~ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans) | トップページ | Benelux2014 (36) アウグストゥスブルク宮殿(Schloss Augustusburg) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Benelux2014 (35) クレラー・ミュラー美術館(Kröller Müller Museum):

« Benelux2014 (34) アムステルダム(Amsterdam)~ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans) | トップページ | Benelux2014 (36) アウグストゥスブルク宮殿(Schloss Augustusburg) »