« Benelux2014 (33) スキポール空港でカフェめし | トップページ | Benelux2014 (35) クレラー・ミュラー美術館(Kröller Müller Museum) »

2014年4月17日 (木)

Benelux2014 (34) アムステルダム(Amsterdam)~ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans)

3泊した「Crowne Plaza Amsterdam - Schipholを8時に出発する。
17_0101  17_0102  17_0111
スキポール空港ともオサラバである。
17_0112  17_0113
このホテルの唯一の取り柄は、空港に近いことか。
17_0114  17_0115
あ、最寄り駅を聞くのを忘れていた。
17_0116  17_0117

17_0118  17_0119
高速道路に乗り、オランダ的風景を眺めながら、アムステルダムの北約15kmにある風車小屋の村ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans)に8時35分到着。
17_0201  17_0202
現在オランダの風車はほとんど無くなっていて、ここでもかつてこの地域には500基以上の風車があったのだが、現在は5基が保存されているだけである。
17_0203  17_0204  17_0205
観光地でもあるが、実際に人が暮らしている風車はザーン川(Zaan)沿いに立っている。
17_0206  17_0207
一部の風車は、内部見学が可能である。
17_0208  17_0209  17_0210
微妙にカーブを描いている羽をつけた風車は、現代の風力発電のプロペラよりも早くまわっているようだ。
17_0211  17_0212  17_0213
いかにもオランダという風景ではある。
17_0214  17_0215  17_0216
後から中国団体が入場、大声だし痰を飛ばすし・・・・・。
17_0217  17_0218  17_0219
人の住んでいる家は良さげ、そして庭も綺麗に手入れされている。
17_0220  17_0221  17_0222
通勤か通学か、自転車が走るが、ここでもながらスマホ。
17_0223  17_0224  17_0225
ここはアムステルダムの北約15kmの郊外、空港にも近いので、機影が多い。
17_0226

9時半に出発、高速道路A1に乗って東に向かう。
途中見えた列車はいたずら書きだらけだが、じつはこの列車、フィーラ (Fyra) V250形電車で2012年に運行が始まったものの、さまざまな不具合が生じて現在は運行停止されているらしい。
17_0231
高速道路至近の土手に羊がいたり。
17_0232  17_0233

DB列車を牽引するオランダ鉄道(NS:Nederlandse Spoorwegen)機関車が何ともよい機関車だったのだが、写し損ねた。
17_0234  17_0235  17_0236
オランダ軍基地の近くを通過し、まもなく目的地へ。

|

« Benelux2014 (33) スキポール空港でカフェめし | トップページ | Benelux2014 (35) クレラー・ミュラー美術館(Kröller Müller Museum) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Benelux2014 (34) アムステルダム(Amsterdam)~ザーンセ・スカンス(Zaanse Schans):

« Benelux2014 (33) スキポール空港でカフェめし | トップページ | Benelux2014 (35) クレラー・ミュラー美術館(Kröller Müller Museum) »