« Benelux2014 (27) アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam) | トップページ | Benelux2014 (29) アムステルダム(Amsterdam) »

2014年4月15日 (火)

Benelux2014 (28) ミュージアム広場(Museumplein)〜ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)〜アムステルダム(Amsterdam)

アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)を出てミュージアム広場(Museumplein)に行くと、高いところに上がりたくなる人たちがたくさんいた。
15_0651  15_0652
ミュージアム広場(Museumplein)を抜けて、ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)まで歩く。
15_0653 15_0654
このあたりの市電の軌道と車道の間に花が植えられているのが、いかにもオランダらしい。
15_0701  15_0702
併用軌道なのか専用軌道なのか、どうなのだろう(そうした区別があるとしての話だが)。
15_0703

ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)には、チケット売場に長い列ができている。
15_0711
予約があっても、バウチャーをチケットに交換するために、しばし時間がかかる。
15_0712
入場時、空港と同じような安全検査あり、そして内部は撮影禁止。
この日、「ひまわり」はロンドン・ナショナルギャラリーに出張中、ひととおり見学後、カフェで休憩。
15_0713  15_0714

市内の散策に向かう。
15_0721  15_0722  15_0723
シンゲル運河(Singelgracht)でバスを降りる。
15_0731
ウェテリンク広場(Weteringplein)のそばに、なつかしのオート三輪のホットドック屋がいた。
15_0732  15_0733
ハイネケン醸造所(Heineken brouwerij)があって、見学ができる。
15_0741  15_0742

次に向かうのは、なんとダイヤモンド工場である。
15_0751  15_0752
その資金を調達するためというわけではなかろうが、オランダ銀行(De Nederlandsche Bank)の近くを走る。
15_0761
到着したのは、ガッサンダイヤモンド研磨工場(Gassan Diamonds)。
15_0771  15_0772
研磨の説明を聞いたり、工房を見学したり、最後は商談(笑)。
15_0773  15_0774

バスは市内を走り、マヘレの跳ね橋(Magere Brug)が見える。
15_0781  15_0782
ゴッホは、マヘレの跳ね橋(Magere Brug)を見て「アルルの跳ね橋」を書いたと言われている。
15_0783
ダム広場(de Dam)を過ぎると、正面にアムステルダム中央駅(Station Amsterdam Centraal)が見えてきた。
15_0784  15_0785
アムステルダム中央駅(Station Amsterdam Centraal)は東京駅丸の内駅舎のモデルとなったと言われているが、アムステルダム中央駅はネオゴシック様式であるが、東京駅はビクトリアン様式であることから、モデル説は誤りらしい。
15_0786

|

« Benelux2014 (27) アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam) | トップページ | Benelux2014 (29) アムステルダム(Amsterdam) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Benelux2014 (28) ミュージアム広場(Museumplein)〜ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)〜アムステルダム(Amsterdam):

« Benelux2014 (27) アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam) | トップページ | Benelux2014 (29) アムステルダム(Amsterdam) »