« Benelux2014 (20) ブルージュ(Brugge)~ゲント(Gent) | トップページ | Benelux2014 (22) ゲント(Gent)~アムステルダム(Amsterdam) »

2014年4月14日 (月)

Benelux2014 (21) ゲント(Gent)〜聖バーフ大聖堂(St. Baafskathedraal)

コーンレイ(Korenlei)をぶらぶら歩いて聖ミヒエル橋(St. Michielsbrug)に近づくと、対岸に今はショッピングセンターとなっている建物が見えるが、たぶん昔はギルドハウスのひとつだった建物だろう。
14_0530
南京錠のぶらさがる聖ミヒエル橋(St. Michielsbrug)を渡ると、コーレン・マルクト(Koren Markt)に出て、路面電車終点、正面は聖ニコラス教会が見える。
14_0531  14_0532
ゲント(Gent)の古いタイプの路面電車の姿がある。
14_0533
コーレン・マルクト(Koren Markt)にはメリーゴーラウンドが置かれているのは、復活祭のお休みだからか。
14_0534  14_0535
そして、路面電車が走る。
14_0536  14_0537  14_0538
鐘楼と繊維ホール(Belfort en Lakenhalle)や市民劇場のそばを歩いていく。
14_0539  14_0540  14_0542
散策の次の目的地は、聖バーフ大聖堂(St. Baafskathedraal)である。
14_0543  14_0544

聖バーフ大聖堂(St. Baafskathedraal)は12世紀から16世紀に賭けて建設されたもので、現在修復が行われているようだ。
14_0551
幕に描かれた祭壇画の1枚が欠けているが、盗まれたので返してくれたら描くということらしい。
14_0552  14_0553
大聖堂の中に入ってみる。
14_0554  14_0555  14_0556
聖バーフ大聖堂(St. Baafskathedraal)には、フーベルト・ファン・エイク(Hubert van Eyc)とヤン・ファン・エイク兄弟(Jan van Eyck)によって描かれた「神秘の子羊」(Het Lam Gods)がある。
14_0557  14_0558  14_0559
レプリカで、ガイドさんが「神秘の子羊」(Het Lam Gods)について説明してくれた。
14_0560
ルーベンスの「聖バーフの修道院入堂」やヨース・ヴァン・ワッセンボブの「キリスト磔刑」などの絵画も堂内に架けられている。
14_0561  14_0562
また、聖バーフ大聖堂のパイプオルガンは、ベネルクスで最大と言われている。
14_0563

「神秘の子羊」(Het Lam Gods)は、聖バーフ大聖堂(St. Baafskathedraal)の北西の一角にあり、チケットを購入しなければならず、近くに案内板があるが、「神秘の仔羊」は撮影禁止である。
14_0564a  14_0564b
「神秘の子羊」の前は、オーディオガイドに聞き入っている人たちで大変な混雑。
14_0565  14_0566

|

« Benelux2014 (20) ブルージュ(Brugge)~ゲント(Gent) | トップページ | Benelux2014 (22) ゲント(Gent)~アムステルダム(Amsterdam) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Benelux2014 (21) ゲント(Gent)〜聖バーフ大聖堂(St. Baafskathedraal):

« Benelux2014 (20) ブルージュ(Brugge)~ゲント(Gent) | トップページ | Benelux2014 (22) ゲント(Gent)~アムステルダム(Amsterdam) »