« Benelux2014 (11) デュルビュイ(Durbuy)~モダーヴ城(Château de Modave) | トップページ | Benelux2014 (13) グランプラス(Grand Place) »

2014年4月12日 (土)

Benelux2014 (12) モダーヴ城(Château de Modave)~王宮広場(Place des Palais)〜「ギャルリー・サンチュベール」(Galeries Royales St. Hubert)〜肉屋通り(Rue des Bouchers)

6時過ぎ、ブリュッセル市内に入り、王宮広場(Place des Palais)に到着する。
12_1401
王宮は1820年から1829年に再建され、さらに1904年に全面的な改装が行われた。
現在国王はラーケン王宮を居城とし、この王宮は国王の執務に使われている。
7月末~9月初めに一般公開される。
王宮は、ブリュッセル公園(Parc de Bruxelles)に面している。
12_1402
ブリュッセル公園と王宮広場との間の菩提樹が、なぜか編み込まれている。
12_1403  12_1404

王宮から再びバスに乗り、中央駅近くで下車する。
歩いていけたと思うが・・・。
少し歩いてスペイン広場に出ると、ドン・キホーテと従者のサンチョ・パンサの像が立っていて、そばにはベラ・バルトークの像もある。
ドン・キホーテやバルトークは、ベルギーやブリュッセルとどのような関係があったのかしら?
12_1411  12_1412

屋台が並んでいる小さな公園を通り過ぎると、「ギャルリー・サンチュベール」(Galeries Royales St. Hubert)の入口である。
 12_1413 12_1501  12_1502_2
ここはアーケード街になっていて、は1847年に完成した。
たくさんのお店が並ぶが、チョコレート屋さんのひとつ「ピエール・マルコリーニ」(Pierre Marcolini)のお店があり、ウィンドウは、復活祭モードである。
12_1503  12_1504  12_1505
こちらのチョコレート屋さんはノイハウス(Neuhaus)、ここギャルリー・サンチュベールのお店が本店で、カフェもある。
12_1506  12_1507  12_1508

市の守護神「大天使ミカエル」が描かれたブリュッセルの市章旗が掲げられているこの場所は、「ギャルリー・サンチュベール」のうちの「女王のギャルリー」(Galerie de la Reine)で、ほかに「王様のギャルリー」(Galerie du Roi)、「王子様のギャルリー」(Galerie des Prince)がある
12_1509  12_1511

「ギャルリー・サンチュベール」を出て、レストラン(というより食堂?)が並ぶ肉屋通り(Rue des Bouchers)を歩き、この地区の一角にある「小便少女」を見る。
12_1601  12_1611  12_1613
賛否両論らしいが、人だかりはすごい。
12_1621  12_1622
路地にも食堂が並び、大道芸人の姿もある。

|

« Benelux2014 (11) デュルビュイ(Durbuy)~モダーヴ城(Château de Modave) | トップページ | Benelux2014 (13) グランプラス(Grand Place) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Benelux2014 (12) モダーヴ城(Château de Modave)~王宮広場(Place des Palais)〜「ギャルリー・サンチュベール」(Galeries Royales St. Hubert)〜肉屋通り(Rue des Bouchers):

« Benelux2014 (11) デュルビュイ(Durbuy)~モダーヴ城(Château de Modave) | トップページ | Benelux2014 (13) グランプラス(Grand Place) »