« 東ドイツ音楽の旅―愛と友情のかけはし | トップページ | 「時を知る」 時計の歴史ー日時計の誕生から最新の複雑機構への歩み »

2014年2月 8日 (土)

雪の長谷寺、御霊神社、そして江ノ電

2月8日、神奈川県には暴風雪大雪警報が発令されました。
こんな時こそ、撮影日和。

土日は2両+2両の運転が多い江ノ電ですが、今日ばかりはほとんど2両編成での運行でした。
まず、長谷に向かいます。

Dsc_2019  Dsc_2020  Dsc_2021_2
藤沢駅に到着した2002F、2両編成で運行、藤沢駅出発

Dsc_2024  Dsc_2025
江ノ島駅到着、留置線の1502Fと1002Fの手前を1201Fが到着

Dsc_2026  Dsc_2027
江ノ島駅に到着する1201F

Dsc_2028
江ノ島~腰越併用軌道区間

Dsc_2029  Dsc_2031
鎌倉高校前駅の藤沢より手前、そして七里ケ浜駅を過ぎる

Dsc_2032
稲村ケ崎駅にて501Fが入線

Dsc_2033_2  Dsc_2034  Dsc_2037_2
極楽寺トンネルを抜け長谷駅到着、2002Fは10Fと並ぶ

駅を降りて長谷寺まで歩きましたが、積雪5センチ以上はあったでしょうか、さすがに観光客の群れの姿はありません。
ちょっと立ち寄ろうと思ったお店も、「雪のためお休みします。」と張り紙がしてありました。

Dsc_2053_2  Dsc_2038
長谷寺

Dsc_2039  Dsc_2040
長谷寺

Dsc_2041  Dsc_2042
長谷寺

梅に雪が積もっています。

Dsc_2043  Dsc_2044
長谷寺

Dsc_2046  Dsc_2047
長谷寺

Dsc_2048  Dsc_2050  Dsc_2051
長谷寺

御霊神社に移動します。

Dsc_2067  Dsc_2068
御霊神社

Dsc_2073
御霊神社

Dsc_2070_3  Dsc_2071_2
千歳洞を抜けてきた305F/千歳洞に向かう1201F

Dsc_2074_2  Dsc_2075
御霊神社前を行く501F

Dsc_2076_4
千歳洞に向かう305F

江ノ電は単線、区間のなかで何カ所かで上下列車の交換があります。
スプリングポイントは、凍結防止のため、カンテラの炎で暖められていました。
江の電車内から前を見ていた少年が、「線路が燃えている」と。
おぢさんは、「あれはね、」と、しゃしゃり出てしまったのでした。

Dsc_2058  Dsc_2063
長谷駅、極楽寺側のポイント、炎が見える

Dsc_2066_2  Dsc_2077_2
カンテラの火で凍結防止

Dsc_2081  Dsc_2082_2
長谷駅/長谷駅に入線する鎌倉行き10F+22F

Dsc_2086
藤沢行き501Fが入線

鎌倉高校前駅で下車してみましたが、江ノ島も見ることはできませんでした。

Dsc_2089_2  Dsc_2090
鎌倉高校前駅の501F

Dsc_2091_2
鎌倉高校前駅、小動もかすみ江ノ島も見えない

Dsc_2092_2  Dsc_2093
鎌倉高校前駅に入線する鎌倉行き2002F

Dsc_2094_2  Dsc_2097_2
鎌倉高校前駅に入線する藤沢行き22F、鎌倉高校前駅を出発

Dsc_2098_2  Dsc_2099_2  Dsc_2100
腰越駅手前/腰越~江ノ島の併用軌道/境川橋梁を渡る

Dsc_2101  Dsc_2103
鵠沼駅にて、鎌倉行き501Fが入線/藤沢駅手前

Dsc_2106  Dsc_2107
藤沢駅に到着した22F

|

« 東ドイツ音楽の旅―愛と友情のかけはし | トップページ | 「時を知る」 時計の歴史ー日時計の誕生から最新の複雑機構への歩み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の長谷寺、御霊神社、そして江ノ電:

« 東ドイツ音楽の旅―愛と友情のかけはし | トップページ | 「時を知る」 時計の歴史ー日時計の誕生から最新の複雑機構への歩み »