« 「白バラ」尋問調書―『白バラの祈り』資料集 | トップページ | 飛行機の100年史 »

2013年10月27日 (日)

江no-FES「湘南再発見 まち歩き」江ノ電を堪能する!

台風一過の晴れた日曜日、『江no-FES「湘南再発見 まち歩き」江ノ電を堪能する!』に参加してきました。
Dsc_1672

江ノ電鎌倉駅の江の鎌ゲート(江ノ電とJRの連絡改札口)に集合、スタッフとして江ノ電の若い駅員さん2人が同行します。
まずは、江ノ電で極楽寺まで行き、極楽寺検車区へ。
待っていたのは、動態保存されているタンコロ108。
Dsc_1627  Dsc_1629
108は、1931年9月に新潟鐵工所で製造され、1980年12月に廃車となり、動態保存されている車両です。
Dsc_1630  Dsc_1632
極楽寺検車区に動態保存されている「タンコロ」108と、その横を1002F鎌倉に向かって走って行きます。
Dsc_1633  Dsc_1634  Dsc_1671
「タンコロ」108の車庫。見学が終わり、シャッターがおろされました。

Dsc_1637  DDsc_1650
ふだんは立入禁止区域に入ると、そこは極楽寺検車区。
Dsc_1641  Dsc_1644
2013年8月31日にサンラインカラーでの運転が終了した1501Fが機器更新及びオリジナル塗装化中ですが、屋内はヘルメットを着用しないと入れません。
Dsc_1646  Dsc_1647
機器更新及びオリジナル塗装化中の1501Fです。
Dsc_1662  Dsc_1663
藤沢方から見機器更新及びオリジナル塗装化中の1501F。

Dsc_1638  Dsc_1648
検車区に501Fがいました。
Dsc_1651  Dsc_1654
検車区の501F。
Dsc_1668  Dsc_1664  Dsc_1667
501Fの連接台車TS-838Bと連結部。
Dsc_1656  Dsc_1655
501Fの台車TS-837Bと運転室。

Dsc_1657  Dsc_1659 Dsc_1665
極楽寺検車区とまあるい顔の501F。

Dsc_1660  Dsc_1661
極楽寺検車区の横を鎌倉に向かう1101Fえのんくん号と、人力転轍機。
Dsc_1666  Dsc_1669
極楽寺検車区と、作業場

極楽寺駅から由比ケ浜に移動し、レトロな建物を眺めて歩きます。
Dsc_1673  Dsc_1674  Dsc_1675
由比ケ浜通りの柴崎牛乳店、そして景観重要建築物等指定第12号鎌倉市長谷子ども会館(旧諸戸邸・平成7年1月1日指定)と工事中の景観重要建築物等指定第31号加賀谷邸(平成21年3月2日指定)です。

Dsc_1677
鎌倉で最古の神社といわれている甘縄神明社にあがります。
Dsc_1679  Dsc_1685
甘縄神明社からは、三浦半島を見ることができます。
Dsc_1680  Dsc_1681
甘縄神明社拝殿。
Dsc_1684  Dsc_1687
拝殿の後ろ側に甘縄神明社本殿があります。
Dsc_1686
甘縄神明社石灯籠から相模湾を見てみました。

長谷駅まで歩きます。
Dsc_1688  Dsc_1689
絡新婦を横目にし、ドイツなパン屋さんのBergfeldに立ち寄りました。

Dsc_1690  Dsc_1693
長谷駅に入線する鎌倉行き2001Fと、リバイバルカラーの21F
Dsc_1694  Dsc_1695
長谷駅に入線する藤沢行き1002F、21F(奥)と1002F(手前)が並びます。
Dsc_1696
鎌倉から折り返してきて長谷駅に入線する藤沢行き21F、停車しているのは嵐電カラーの鎌倉行き1502F。
Dsc_1697
長谷駅に入線する鎌倉行き1001F。

七里ケ浜で下車します。
Dsc_1698
七里ケ浜駅は、さすがに海っぽいイメージの駅です。
Dsc_1699  Dsc_1700
トビが飛びます。
Dsc_1702
七里ケ浜裏山から相模湾を望みますが、江ノ電は見えません。
Dsc_1703
七里ケ浜駅に近い、七里ケ浜~峰が原信号所間は、併用軌道区間です。

Dsc_1704  Dsc_1705
江の島駅にて、駅長さんやきょう同行していただいた方々のごあいさつがありました。
Dsc_1708  Dsc_1707
江の島駅待合室には303号の頭が置かれていて、運転台は縦が短く狭いです。
Dsc_1709  Dsc_1710
303号の前の駅長さん
Dsc_1711  Dsc_1712
雨水を貯めて山水に利用する「エコ電」と、江ノ電ジオラマ

江ノ島に向かいます。
Dsc_1713  Dsc_1715
江ノ島弁天橋から夕日を眺める予定でしたが、ちょっと雲が多め。
Dsc_1716  Dsc_1717  Dsc_1719
江ノ島弁天橋からタンデムローターヘリ(自衛隊のCH-47J)が見えました。

Dsc_1721  Dsc_1723
江の島シーキャンドルにあがります。
Dsc_1724  Dsc_1727
江の島シーキャンドル、そして灯台の灯。

Dsc_1728  Dsc_1733  Dsc_1734
江の島シーキャンドルから。

Dsc_1737  Dsc_1739
江の島シーキャンドル歩行階段は下りのみ歩行できるので、降りてみました。
Dsc_1740  Dsc_1741  Dsc_1742
江の島シーキャンドル歩行階段から。
Dsc_1743  Dsc_1744
江の島シーキャンドル
Dsc_1747  Dsc_1749  Dsc_1750
江の島シーキャンドル

Dsc_1753  Dsc_1754
江の島サムエルコッキング苑
Dsc_1755  Dsc_1756
江島神社から
Dsc_1757  Dsc_1758
江島神社鳥居と江島神社参道
Dsc_1760  Dsc_1762
江ノ島弁天橋から
Dsc_1767  Dsc_1768
江ノ島大橋を車が行く
Dsc_1769  Dsc_1770
片瀬橋と江ノ島、そして小田急江ノ島駅
Dsc_1625
12月、タンコロまつりが開催されます。

|

« 「白バラ」尋問調書―『白バラの祈り』資料集 | トップページ | 飛行機の100年史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江no-FES「湘南再発見 まち歩き」江ノ電を堪能する!:

« 「白バラ」尋問調書―『白バラの祈り』資料集 | トップページ | 飛行機の100年史 »